Number ExBACK NUMBER

青山敏弘と森保一が語る最強の広島。
現在も息づくサンフレッチェの伝統。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/06/13 11:45

青山敏弘と森保一が語る最強の広島。現在も息づくサンフレッチェの伝統。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

2015年、4年で3度目の優勝を飾る。攻守に奮闘した青山はリーグMVPも獲得。

束になった矢は折れない。

 誰かの歯車が狂えば、全体に狂いが生じる。

 ここに目をやり、気を配り、スムーズに歯車が回るようにする。その組織力こそがサンフレッチェの伝統。城福浩監督の体制になっても、そのベースは受け継がれている。

 青山は言う。

「サンフレッチェはチームとして謙虚。優勝する前からずっとそうだとは思うし、それが自分たちの色。常にサンフレッチェの枠のなかで戦ってきていて、それがいいか悪いかは分からないけど、僕としてはそれが誇り。ここにいたいなって思えるチームです」

 束になった矢は折れない。

 2015年シーズンの成功体験は、何よりもそれを証明している。

2012年から’15年で3度優勝した最強サンフレッチェの歩みを森保と青山に訊いたインタビュー本編、さらに現役選手100人が選んだ「史上最強チーム」の栄光を当事者たちが語る証言の数々は、Number1004号『現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ』特集でお読み下さい!

関連記事

BACK 1 2 3 4
青山敏弘
森保一
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後の記事

ページトップ