SCORE CARDBACK NUMBER

開幕未定もマイナス思考なし。
菊池雄星は黙々と汗を流す。

posted2020/04/29 08:30

 
開幕未定もマイナス思考なし。菊池雄星は黙々と汗を流す。<Number Web> photograph by Getty Images

渡米1年目は6勝11敗、防御率5.46に終わった菊池。期待の若手が集う再建中のマリナーズで先発の柱となれるか。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 先行きが不透明とはいえ、じっとしているわけにもいかなかった。新型コロナウイルスの影響で公式戦が延期となった米国で、マリナーズ菊池雄星が本格的なトレーニングを再開した。キャンプ打ち切り後も、感染者が増加する本拠地シアトルには戻らず、アリゾナ州に滞在。プライベート用のジムと、人影もまばらな近隣の公園で黙々と汗を流す。

「難しさはあります。オープン戦はすごくいい形で、課題をひとつずつ克服してきたところだったので、すごく開幕が楽しみでしたが、より良くなる期間だと捉えなきゃいけないなと思います」

 飛躍を期す2年目のシーズンを前に、昨年11月から早々とアリゾナで始動し、球速アップを目的としてフォーム改良に取り組んだ。2段モーションだった右足の上げ方、テークバックの動きを大幅に変更。より角度が付き、球威も増した。オープン戦では速球が約156km、スピン量を抑えたパワーカーブが140kmを計測するなど、成長の証が明確な数字として表れた。首脳陣もエース左腕のゴンザレスに続く2番手として起用する方針を明かしていただけに、「開幕が楽しみ」という菊池の言葉は偽らざる本音だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 392文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール

関連記事

菊池雄星
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ