オリンピックPRESSBACK NUMBER

北島康介、逆境と「信は力なり」。
2016年4月8日、ラストレースの記憶。

posted2020/04/08 11:00

 
北島康介、逆境と「信は力なり」。2016年4月8日、ラストレースの記憶。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

2016年4月8日、最後のレースとなった日本選手権男子200m平泳ぎ決勝を終え、北島はプールに向かって深々と一礼をした。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO SPORT

 時代を背負ってきた選手たちがいて、でも必ず、いつかは第一線を退く日が来る。

 退いてなお、忘れられることのない存在がある。

 北島康介もまた、その1人だ。

 その功績は、色あせることはない。

 主だったところを記せば、2004年のアテネ、2008年の北京の2つのオリンピックの100、200m平泳ぎで2大会連続2種目制覇を達成。日本選手として史上初、平泳ぎでは世界で初めての快挙であった。

 2002年10月のアジア大会200mで世界新記録を出したのを皮切りに、100、200mそれぞれで世界記録を更新した。それもまた功績の1つだ。

 2000年のシドニー以来4度目のオリンピックの出場を果たした2012年のロンドン大会では100m5位、200m4位と個人種目ではメダルを逃したが4×100mメドレーリレーの第2泳者として出場し日本を1位に押し上げる泳ぎで銀メダル獲得に貢献、3大会連続メダリストとなった。

 日本競泳史上初であった。

5大会連続五輪出場は潰えたが……。

 これらの大会に続き、5度目のオリンピックとなるリオデジャネイロを目指した2016年、日本選手権。

 北島は4月5日の100m決勝で2位となったものの、代表選考基準として定められた派遣標準記録のクリアはならず、この種目での代表入りを逃した。

 残るは200m。迎えた8日の決勝は、しかし、5位。5大会連続五輪出場は潰えた。

 この大会での泳ぎは、以前とは違った。

 だがそれでも、最後の挑戦のレースとなった200m決勝での姿、オリンピックに挑んだ最後の泳ぎは、この日までの北島を、そして北島の強さをあらためて思い起こさせた。

【次ページ】 北島の言葉と「信は力なり」。

1 2 3 NEXT
北島康介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ