オリンピックPRESSBACK NUMBER

2012年4月5日、8年ぶりの五輪切符。
寺川綾のメンタルを変えた言葉とは?

posted2020/04/05 11:40

 
2012年4月5日、8年ぶりの五輪切符。寺川綾のメンタルを変えた言葉とは?<Number Web> photograph by AFLO SPORT

2012年4月5日の日本選手権女子100m背泳ぎ決勝、寺川は日本新で優勝。ロンドン五輪代表を決めた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO SPORT

 競泳の日本選手権は、オリンピックをはじめ、その年度の国際大会の代表選考会を兼ね、毎春、開催されてきた。

 緊張感あふれる舞台だからこそ、数々の心を打つような場面が生まれ、印象的な選手の姿も記憶に残る。

 2012年の大会にも、いた。

「ここは通過点ですから」

 その言葉とともに記憶されているのは、背泳ぎの寺川綾である。

 100mに種目を絞って出場した寺川は、決勝で59秒10、自身の持つ日本記録を更新して優勝、ロンドン五輪の切符を手繰り寄せた。

「一発選考」の重圧は果てしない。

 過去の実績も何も関係なく、この大会での順位とタイムだけで代表が決まる「一発選考」。重圧は果てしない。

 勝って涙、負けて涙する選手たちに、かかるプレッシャーの大きさは表れていたし、大会に懸けている思いがうかがえた。

 その中にあって、「通過点」と言い切る力強さは鮮烈な印象を放った。レース前、招集所から入場するときの堂々とした姿もまた、強がりでも何でもないことを明瞭に伝えていた。

 何よりも、さかのぼること4年、2008年との違いが、くっきりと伝わった。

 2001年、16歳で世界選手権代表になり注目を集めた寺川は、その後もおおむね順調な足取りで進んでいった。

 2002年のパンパシフィック選手権では、200mで銀メダルを獲得し、2004年のアテネ五輪にも出場。200mで8位入賞の結果を残した。

 だがここから、歩みは変調をきたした。2005、2007年の世界選手権の代表から外れたのだ。

【次ページ】「いろいろな評価をされるのがきつかった」

1 2 3 NEXT
寺川綾
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ