オリンピックPRESSBACK NUMBER

2012年4月5日、8年ぶりの五輪切符。
寺川綾のメンタルを変えた言葉とは? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2020/04/05 11:40

2012年4月5日、8年ぶりの五輪切符。寺川綾のメンタルを変えた言葉とは?<Number Web> photograph by AFLO SPORT

2012年4月5日の日本選手権女子100m背泳ぎ決勝、寺川は日本新で優勝。ロンドン五輪代表を決めた。

「人との相対的評価を気にしすぎるところがある」

 練習の日々の中、やがて重要なアドバイスをされた。

「まわりを気にするな」

 平井氏には寺川は「人との相対的評価を気にしすぎるところがある」と映っていた。

 大会でも他の選手を気にするなどして泳ぎに悪影響を及ぼしていると感じていた。指摘されて、寺川は自身の一面に気づかされることになった。

 やがて、1つの心境に達する。

 練習では、自分の泳ぎができるようになるためのトレーニングを怠りなく、積み上げる。試合はただ、練習どおりに泳げばいい場所。

 だとしたら、必要以上に緊張することもない。まわりにどう見られていようと、何を言われようと、プレッシャーを感じなくていい。

ひたむきに取り組むことで、人は変われる。

 すると、成績は向上していった。2009年、久しぶりに世界選手権代表になると、2011年も代表入り。

 迎えた2012年4月5日の日本選手権で2大会、8年ぶりのオリンピック出場をつかみ、復調をあらためて、はっきりと示したのである。

 ロンドン五輪では、100mで日本新記録を出し銅メダル、4×100mメドレーリレーでも銅メダルを獲得。競泳の日本女子最年長メダリストともなった。

 駆け足にたどってきたが、自分を変える、変わるための努力の日々、真摯な取り組みは、容易ではないということは想像に難くない。

 簡単ではないけれど、環境を得て、そして折れることなくひたむきに取り組むことで、人は変われる。

 それを証明したのが、2012年日本選手権の寺川綾であった。

関連記事

BACK 1 2 3
寺川綾
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ