熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

U-17W杯、日本初の4強へ第2関門。
次戦メキシコの警戒人物と弱点は?

posted2019/11/05 11:40

 
U-17W杯、日本初の4強へ第2関門。次戦メキシコの警戒人物と弱点は?<Number Web> photograph by Getty Images

セネガル戦を1-0で首位突破したU-17日本代表。メキシコも難敵とはいえ、スペインを回避できたのは大きい。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 U-17ワールドカップ(W杯)のグループステージ(GS)最終戦で日本はセネガルを1-0で退け、実力伯仲で「死のグループ」と呼ばれたD組を首位で勝ち上がった。

 中2日の試合が続いて選手の疲労が蓄積しており、日本は前の試合から先発メンバーを5人、セネガルは6人入れ替えた。互いに完璧なスカウティングができる状況ではなく、選手層の厚さと個々の判断力が問われる試合となった。

 森山佳郎監督は、フォーメーションをそれまでの4-4-2から4-2-3-1に変更。過去2試合で無失点の守備陣に関しては最終ラインの大半を残したが、これまでセンターバックとしてプレーしてきた半田陸(山形ユース)を右サイドバックへコンバートし、CBに長身で空中戦に強い村上陽介(大宮U-18)を入れた。

手数をかけないセネガルを封じた。

 一方、攻撃陣は大幅に組み替えた。小柄なテクニシャンの中野桂太(京都U-18)をトップ下に配置し、昨年のU-16アジア選手権得点王の唐山翔自(G大阪ユース)の1トップ。この大会で好調のFW西川潤(桐光学園高/C大阪内定)と若月大和(桐生第一高/湘南内定)をベンチに置いた。

 セネガルには驚異的なスピードとパワーを備えた選手が揃っており、あまり手数をかけず日本に襲いかかる。

 これに対し、日本は組織的な守備で対抗した。センターバックの村上と鈴木海音(磐田U-18)が高さと強さを発揮し、半田も危険なスペースを消した。ただし、攻撃では中野桂が広い範囲を動き回って攻撃を組み立てようとするが、唐山らとの呼吸が合わない場面が目についた。

【次ページ】 現地メディアは日本の攻撃を……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イスラエル・ミナ
西川潤
半田陸

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ