ラグビーPRESSBACK NUMBER

サモアを押し込んだ歴史的スクラム。
ヒーローはいない、ONE TEAMだ。

posted2019/10/06 12:20

 
サモアを押し込んだ歴史的スクラム。ヒーローはいない、ONE TEAMだ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

サモアに押し勝ち、常に走る。この日のジャパンフォワード陣は凄まじかった。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 スクラムトライを狙っていました。ラグビー日本代表の堀江翔太はそう振り返った。

 サモア代表とのW杯第3戦は、試合時間の80分間を超えてオーバータイムに突入。31-19でリードする日本は、相手ゴール目前の好位置で、自軍投入のスクラムを迎えた。

 トライエリアまで、あと5メートル。スクラムであと5メートル前進すれば、NO8姫野和樹が難なく相手インゴールに抑えられる――すなわちスクラムトライ(ST)だ。

 83分5秒、途中出場の田中史朗がスクラムにボールを投入した。直後から、日本は8対8の攻防に打ち克ち、前進した。

 押せる。行ける。

 ここでトライを取れば、4トライ以上のボーナス点を得ることができ、日本ラグビー初の8強進出へ大きく前進する。

 絶叫にも似た4万人の大声援が、豊田スタジアムに響き渡る。声の他は何も聞こえない。きっと日本全国のファンゾーンで、世界中のリビングで、数え切れない多くの人びとが、日本開催のW杯で繰り広げられる一本のスクラムに声援を送っていた。

 押せ、日本。

 押せ!

 こんな幸福な瞬間が訪れると誰が予想しただろう。スクラムには日本中、世界中の視線に耐えうる力があると、どれほどの人が知っていただろう。日本のスクラムが、観る者の心を鷲掴みにし、揺さぶり、無上の一体感を生み出していた。

最後の5分、何が起きていたか。

 サモア戦の最後の5分間で何が起きていたのか。いったん時計の針を試合終了5分前に戻そう。

 WTB松島幸太朗がインゴール左隅へ滑り込み、日本のボーナス点獲得を確定させるチーム4トライ目を決めたのが84分25秒。

 その5分前の79分25秒は、ちょうど日本のラインアウトモールを防がれ、レフリーがサモアボールを告げた直後だった。スコアは31-19で日本がリードしていた。

【次ページ】 蹴れば、試合は終わっていた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

堀江翔太
松島幸太朗
田中史朗
姫野和樹
中島イシレリ
坂手淳史
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ