バスケットボールPRESSBACK NUMBER

八村塁の強気のメンタリティーこそ、
“挑戦者”日本バスケのラストピース。

posted2019/08/31 09:00

 
八村塁の強気のメンタリティーこそ、“挑戦者”日本バスケのラストピース。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ドイツ戦では両軍最多の31得点をあげた八村。NBAサンダーでプレーする独PGのシュレーダーは「日本は手強かった」とコメント。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 国際大会に臨むうえで、最高の心理状態とはどのようなものだろうか。

 来年の東京オリンピックのバスケットボールの会場となる、さいたまスーパーアリーナで日本代表は8月22〜25日にかけて3つの強化試合を戦った。とりわけ、24、25日の土日に行われた2試合はともに1万8000人を超える観客が集まり、期待感でアリーナが満たされていた。

「強豪国と試合ができるというのは、本当にありがたいです。良い経験が積めると思いますから」

 キャプテンの篠山竜青がそう語っていた3連戦の結果は以下の通りだ(カッコ内は、国際バスケット連盟のFIBAによるランキングで、日本は48位)

8月22日(木)
アルゼンチン戦(5位)●93−108
8月24日(土)
ドイツ戦(22位)○86−83
8月25日(日)
チュニジア戦(51位)●76−78

「80点前後の試合になる」

 もっとも、これらは8月31日に中国で開幕するワールドカップ(以下、W杯)という、大きな大会を前にした親善試合である。目的は勝つことではなく、自分たちの課題と向き合い、成長の糧にすることだ。

 実際、W杯予選のような公式戦とは異なり、相手チームの分析と対策も、試合当日の朝に取り組むくらいだったという。フリオ・ラマスHC(ヘッドコーチ)もアルゼンチン戦のあとにこう話している。

「W杯ではこのように100点の奪い合いとなるのは全体でも数試合しかなくて、ドリームチーム(アメリカ代表)や(強豪の)セルビアのゲームくらいかなと思います。我々を含め、ほかは80点前後の試合になるのかなと思います。ですので、80点以上とられないようなチームになるために、これからディフェンスを修正していかないといけない」

 相手の分析をしたうえで、しっかりとした対策をとれば、日本も相手も親善試合のときほどに点数を重ねるのは難しい。今回の強化試合はお互いが良さを出し合うなかで、試合中の修正力や対応力、チームのコンセプトの質が問われることになった。

【次ページ】 日本が親善試合で見せた集中力。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

八村塁
篠山竜青
渡邊雄太
安藤誓哉
フリオ・ラマス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ