SCORE CARDBACK NUMBER

相次いだW杯出場辞退にも
ウォーカーは前を向く。
~NBAのトップ選手は1人だけ~

posted2019/08/31 15:00

 
相次いだW杯出場辞退にもウォーカーは前を向く。~NBAのトップ選手は1人だけ~<Number Web> photograph by Getty Images

辞退者が続出しアメリカ代表でリーダー的立場となったウォーカー。W杯では3連覇を目指しチームを牽引する。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

“ピンチはチャンス”――。試合中だけでなくオフコートでも、そのメンタリティで気持ちを切り替えることは大事だ。

 8月末から始まるFIBAワールドカップのアメリカ代表は、いつも以上にトッププレイヤーたちの辞退が相次いだ。結局、6月に候補選手が発表になった後でも10人以上が辞退し、メンバー中オールNBAチーム(リーグのトップ15選手)の実績があるのはケンバ・ウォーカーだけになった。

 そのウォーカーは、「これは、僕らにとって一生に一度のチャンスだ。大きな舞台で自分たちの才能を発揮し、新しいチームを見せるチャンスになる」と主張する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

久保建英18歳の冒険。

Sports Graphic Number 985

久保建英18歳の冒険。

 

関連記事

ケンバ・ウォーカー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ