SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪に向けた米女子代表の
強化計画とWNBAの価値向上。
~女子バスケの待遇を上げるために~

posted2019/08/27 07:00

 
東京五輪に向けた米女子代表の強化計画とWNBAの価値向上。~女子バスケの待遇を上げるために~<Number Web> photograph by Getty Images

米国女子代表の東京五輪に向けた強化策が発表された。会見に参加したバード(右から2人目)とタラシ(右端)。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アメリカ女子バスケットボール代表の東京五輪に向けての強化計画は、クレヨンで書かれた草案から始まった。

「その時、それ以外に書くものを見つけられなかったから」と発案者の一人、スー・バード(シアトル・ストーム)は言う。1年半前、ダイアナ・タラシ(フェニックス・マーキュリー)とカフェで何気ない話をしていたときに思いついたのだという。

 オリンピック出場4回、30代終盤になってもなお代表にとってなくてはならないベテラン2選手の提案に、USAバスケットボール、WNBA、そしてスポンサーのナイキも賛同し、実現に向けて動き始めた。その結果、今秋から来年春にかけて5回の代表合宿と試合を行うという強化計画が出来上がった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ