マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

北照高・上林弘樹監督の甲子園。
2カ月前の春の大会では塁審姿。

posted2019/08/18 07:30

 
北照高・上林弘樹監督の甲子園。2カ月前の春の大会では塁審姿。<Number Web> photograph by Kyodo News

北照高校は北海、駒大苫小牧、札幌第一などがひしめく南北海道を勝ち抜いて甲子園へやって来た。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 北海道の高校野球は、現職の監督さんや部長先生が「審判」になって、公式戦のジャッジを行う。

 なんでも、ほかの地区では見られない北海道独特の手法なのだそうだ。

 6月はじめ、春の北海道大会の札幌・円山球場。その日、私が会った北照高・上林弘樹監督は、審判員姿だった。

 いつもなら、圧倒的な強さで勝ち上がる「小樽支部」の予選で、小樽双葉高によもやの敗退。140キロ前半の速球とキュッキュッと曲がるスライダーを兼備した右腕投手にしてやられていた。

「ユニフォーム姿の上林さんに会いたかったなぁ!」

 巨人に高校生ドラフト3巡目で進んだ加登脇卓真、日本ハム3巡目で入団した植村祐介……雑誌の取材で剛腕、快腕のピッチングを受けさせてもらって、彼がコーチだった頃からのお付きあいの気安さから、ついついそんなことを口走ってしまったのだ。

「がんばります!」

 苦く笑って、ひと言だけ返して飛び出して行った円山球場のグラウンドで、上林三塁塁審のジャッジは見事だった。

今すべきことに集中して。

 試合開始のあいさつを終えると、レフトが定位置に向かうより速く外野フェンスへ走っていき、サッとバックスクリーンまでフェンス際を往復して、外野の芝生と地面に異常がないことを確かめる。

 試合が始まると、その動きは、さらにキレ味を増した。

 三塁フェンス際にファールフライが上がると、追う三塁手より速くフェンスへとっついて捕球の瞬間を待ち、ライナーがレフト線に伸びれば、軽快なフットワークで打球を追って、レフトより先にポールの下へ駆けつける。

 支部予選で破れた無念をぶつけているのか……一瞬そう思ったりもしたが、上林塁審のジャッジぶりを見れば見るほど、そんなふうには見えなくなった。

 今、自分がなすべきは何か?

 そのテーマに、真摯に向き合っているだけ。

 地区を勝ち抜いてきたチームが、目の前で存分に野球をしているのだ。

 そりゃあ、くやしいだろうに、そんな素振りはこれっぽっちも表に見せず、涼しい顔で、しかし懸命にゲームをジャッジしている。

 余計なことを言って、申しわけなかった。ごめんね。

 いつか謝らないと……。ずっと引っかかっていた。

【次ページ】 その北照が甲子園にやって来た。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北照高校
上林弘樹

高校野球の前後のコラム

ページトップ