Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<熱狂誕生の秘密>
甲子園スターが選ぶ旋風ベスト3
~荒木大輔編~

posted2019/08/18 15:00

 
<熱狂誕生の秘密>甲子園スターが選ぶ旋風ベスト3~荒木大輔編~<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

高校1年の夏に甲子園の舞台を踏み、初戦から5試合に先発して4完封。自身も「大ちゃんフィーバー」を巻き起こしたレジェンドが、憧れと驚愕の旋風たちを回想する。(Number984号掲載)

 甲子園に憧れを抱いたのは、中学に入学するころ。4歳上の兄が早実の一員としてセンバツに出場したのがきっかけです。でも、それ以前に最初に甲子園を意識し、純粋に「カッコいいな」と感じたのは、東海大相模の原辰徳さんでした。当時の僕は10歳になるかならないかでしたけど、幼心に「真っ黒に日焼けした笑顔がカッコいい」と思っていました。今考えれば、それは仮面ライダーやウルトラマンみたいなヒーローへの憧れと似たものだったんでしょうね。

 原さんと同時代の甲子園には、後にヤクルトで一緒になる高知の杉村(繁)さん、鹿児島実業の定岡(正二)さんなど、人気選手もいらしたのに、原さんしか目に入らなかった。野球のことはまだよくわかっていなかった頃なので、具体的な試合やシーンは覚えていないですけど、とにかく「原さんはカッコいいな」と感じたことはハッキリ覚えています。子どもにまでそう思わせるのだから、あのときの東海大相模、いや、原さん自身が旋風だと言っていいんじゃないでしょうか。自分も「大ちゃんフィーバー」と呼ばれていましたが、フィーバーといえば、原さんが始まりだったのではと僕は思いますね。

 その後、僕がヤクルトに入団して、オープン戦で初めて原さんと対戦したときは緊張したけど、「絶対に抑えて、僕のことを覚えてもらいたい」と思って投げました。抑えることで、原さんに「荒木」という投手を認めてもらいたかった。今でも原さんからもらったバットは大切に持っています。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

荒木大輔
東海大相模高校
早稲田実業高校
横浜高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ