話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「強くていやらしい鹿島」はどこへ。
内田篤人の不在が響く勝負勘の乱調。

posted2019/04/29 16:30

 
「強くていやらしい鹿島」はどこへ。内田篤人の不在が響く勝負勘の乱調。<Number Web> photograph by Getty Images

24日ACL慶南戦(0-1)に続き、横浜FM戦でも鹿島らしくない戦いで公式戦連敗。昨年同様に、リーグ戦前半ではまだ波に乗り切れていない。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Getty Images

 鹿島サポーターからのブーイングが止まらない。

 平成時代最後のリーグ戦、鹿島アントラーズは横浜F・マリノスに2-1の逆転負けを喫して5位から9位に順位を落とし、首位FC東京との勝ち点差を9に広げられた。

 それにしても、スコア以上に内容に大きな差があった。

 シュート数はF・マリノス16本に対して鹿島は5本。鹿島が良かったのは先制点を奪った一瞬だけ。何度かカウンターを仕掛けるも精度を欠き、ゴールを奪えない。F・マリノスの攻撃に対応するのに体力を奪われ、後半はほぼ自陣での試合になった。

 強く、いやらしい鹿島はどこに行ったのか――。

「相手を引きこんで守って、カウンターで点を取るのが今日の狙いでした」

 右サイドバックとして出場し、キャプテンマークを巻いた永木亮太は、そう言った。

 重心を低くした守備ブロックを敷いて自分たちの前に餌をまき、相手を引き込んでボールを奪い、カウンターで仕留める。それはF・マリノスのようなチームと対峙するには理にかなった戦術だった。

安西の先制点、鹿島ペースかと思いきや……。

 実際、前半はこの戦術がうまくハマっていた。

 前半11分にカウンターから安西幸輝がゴールを決め、先制点を奪って優位に展開していたのだ。

 強い鹿島を知る人であれば、これで完全に鹿島ペース、いや鹿島の勝利だとさえったはずだ。1-0になってからの戦い方が鹿島は抜群にうまい。相手の攻めをいなし、時には泥臭く守って勝ち点3を手にする。圧倒的な勝ち方ではないが、そうしてのらりくらり勝っていくところに鹿島の強さがあった。

 ところがF・マリノス戦は、1点リードをしているのに余裕が感じられなかった。1-0からの試合の進め方がチームの中でいまひとつ徹底されていなかったのだ。

【次ページ】 キャプテンマークを巻いた永木の見解。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
永木亮太
伊藤翔

Jリーグの前後のコラム

ページトップ