Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<新人スラッガー集結>
終盤戦を熱くするニューヒーローズ。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/09/19 06:00

<新人スラッガー集結>終盤戦を熱くするニューヒーローズ。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)。

この現象は、ジャッジとベリンジャーだけではない。今季、世界一を争うチームには決まって起爆剤が現れた。連載最終回は、ポストシーズン注目の面々を紹介する。

 かつて、これほどルーキーのバットが炸裂し、数々の記録を塗り替え、優勝争いにインパクトを与えたシーズンはあっただろうか。アーロン・ジャッジは豪快なホームランを連発して下馬評では高くなかった再建モードのヤンキースをコンテンダーに押し上げる原動力となった。4月25日にデビューしたコディ・ベリンジャーはドジャースの起爆剤となり、彼の存在抜きに歴史的快進撃を語れないほどの大活躍をみせた。

 この2人だけでなく、ポストシーズンを目指すチームには重要な役割を果たしてきた強打のルーキーがいる。最終盤に差し掛かったいま、彼らにますます注目が集まる。


 シーズン前にはクリス・セールの獲得で本命視されていながら、投打の歯車がかみ合わず飛び出せなかったレッドソックスには、宿敵を圧倒する頼もしいコンビが出現した。まず、23歳のアンドリュー・ベニンテンディだ。開幕からアップダウンを繰り返しながら、勝負どころの8月に入って打率.320、6ホーマー、18打点と好調の波に乗り、12日の首位を争うヤンキースとの直接対決では1試合に2本の3ランを放ち、レッドソックスのルーキーでは初めてヤンキース相手の6打点をマーク、3連戦を勝ち越す立役者になった。

「振りの速さ、タイミングの取り方といったスキルに加えて、ハンド・アイ・コーディネーションも素晴らしい」と、絶賛するのはジョン・ファレル監督だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3046文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

新生日本代表いざ、ロシアへ。

Sports Graphic Number 2017/9/15臨時増刊

新生日本代表
いざ、ロシアへ。

 

アンドリュー・ベニンテンディ
ラファエル・デバース
ポール・デヨング
イアン・ハップ
ブラッドリー・ジマー
ベン・ギャメル

MLBの前後の記事

ページトップ