SCORE CARDBACK NUMBER

猛暑だから人馬に優しく。夏競馬のパドック改革案。~あんな暑い場所を15分も回るのは……~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/07/17 17:00

猛暑だから人馬に優しく。夏競馬のパドック改革案。~あんな暑い場所を15分も回るのは……~<Number Web> photograph by AFLO

クーラー設置など各厩舎が暑熱対策を講じる中、レース直前のパドックは無防備な状況が続く。写真は宝塚記念。

 キタサンブラックの宝塚記念の凡走は、結果論だが天皇賞(春)のビッグレコードの反動だったと想像できる。ともにレコードで走ったシュヴァルグランも精彩を欠いたし、対照的に勝ったサトノクラウンは天皇賞をパスした馬。2着のゴールドアクターは天皇賞で能力の半分も出せなかったのが、宝塚記念では吉と出たのだろう。競走馬の体調は外見からは非常にわかりにくいもので、結果を見てから「ああ、疲れが抜け切れていなかったんだ」と思うのはよくあること。そうした不安材料は予め指摘できることだったのに、「それでも大丈夫だろう」と無難な予想を提供した我々にも反省が必要と思う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

奪三振主義2017

Sports Graphic Number 931

奪三振主義2017

 

パドック

競馬の前後の記事

ページトップ