Number on NumberBACK NUMBER

好記録の宝庫。
~アジア大会、日本人選手の躍動~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/15 10:10

好記録の宝庫。~アジア大会、日本人選手の躍動~<Number Web> photograph by Getty Images

アジア大会で金4個・銀1個・銅2個のメダルを獲得して大会MVPに選ばれた萩野公介。日本人のMVP受賞は、1998年の伊東浩司、2002年の北島康介に続いて3人目となる。

 アジア大会の意味合いは競技によってずいぶん異なる。卓球やバドミントンのようにアジア王者がそのまま世界王者という競技もあるが、全体としてはそうではない競技のほうが多い。アジア王者というタイトルをどう考えるかは、いろいろだ。陸上競技や水泳では種目によって世界レベルのものもあるが、アジア大会優勝でもオリンピックではメダルを狙えない種目もある。選手としては、アジア大会に向けてモチベーションをどうやって上げていくか、なかなか難しいはずだ。だからアジア大会は、記録的にはいま一つということが多いのではないか――常識的には、そのように思える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

萩野公介
入江陵介
渡部香生子
福島千里
村上幸史
海老原有希
北島康介
山田沙知子
伊東浩司
高橋尚子
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ