SCORE CARDBACK NUMBER

解任続出の前半戦に見る、
メジャー監督の悲哀。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/08/09 06:00

解任続出の前半戦に見る、メジャー監督の悲哀。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

'00年にフィリーズ解任も、その後Rソックスを2度のWシリーズ制覇に導いたフランコナ

「数字は数字。勝利後、10分間は祝ってもいいが、あとは次に向かうだけだ」

 7月9日、監督としてメジャー通算900勝目を挙げたレッドソックスのテリー・フランコナは、淡々と言った。たとえ個人として白星を積み重ねても、チームがプレーオフ進出を逃せば厳しい批判にさらされる。監督業の悲哀を知るだけに、節目の勝利にも感慨にふけることはなかった。

 実際、今季は球宴を前に、監督交代が相次いだ。5月にロイヤルズのヒルマンが解任されたのをはじめ、オリオールズのトレンブリー、マーリンズのゴンザレスと、不振に喘ぐチームは容赦なく現場トップの粛清を断行した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

テリー・フランコナ

MLBの前後の記事

ページトップ