ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

ユース世代が負け続けてきた韓国。
疲労困憊の関塚ジャパンに勝機は? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2012/08/10 15:35

ユース世代が負け続けてきた韓国。疲労困憊の関塚ジャパンに勝機は?<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

吉田は「お互いのやり方は分かっている。気持ちの強い方が勝つ」とコメント。両国代表ともに準決勝から中二日で迎える3位決定戦。体力の限界を超えた死闘となるのは間違いない。

Jリーグをよく知る、A代表経験者が10人もいる韓国代表。

 また今回の韓国には、ファン・ソッコ(広島)、キム・ボギョン(元セレッソ大阪、カーディフ)、ペク・ソンドン(磐田)、キム・ヨングォン(元大宮、広州)、チョン・ウヨン(京都)と、5人のJリーグ経験者がいる。彼らは日本の選手の個性はもちろん、日本サッカーについても精通している。

 オーバーエイジ枠には、アーセナルに所属するパク・チュヨン、さらにDFキム・チャンス、GKのチョン・ソンリョンの3人が入り、A代表経験者が10人という強力布陣だ。

 ニンジン作戦もモチベーションを掻き立てるものになっている。

 メダルを獲得した場合、選手と監督合わせて約1億円の報奨金、さらに選手には2年半もある兵役の免除までがついてくる。韓国の選手にとって、これほど大きな成功報酬はない。

これまでのスタイルを貫き、強い気持ちで戦えるか?

 だが、上記のことがすべて韓国に有利に働くかと言えば、そうではない。5人のJリーグ経験者は、裏を返せば彼らの情報も日本に筒抜けということだ。

 韓国のオーバーエイジ枠も、どれだけ彼らが機能しているか試合を通して見てみると、吉田麻也を始め、日本のオーバーエイジの選手の方が機能しているのがよく分かる。名前やA代表経験者というステイタスという面では韓国に分があるが、サッカーはステイタスでやるものではない。宇佐美や大津らは、多少のビッグネームではビビらないチームでやってきており、肝っ玉は据わっている。

 そこで勝敗の鍵となるのは、今までやってきたことをどれだけ貫けるかだろう。

 日本としては、運動量が望めないのであれば、前からプレスに行く必要はない。スペイン戦のようにブロックを敷いて、ゾーンに入ってきた選手にプレッシャーをかけ、奪ったら永井の足を活かしたカウンターに徹すればいい。ヘタに打ち合うと体力を消耗し、点を取りに行く時、無理が利かなくなる。

 幸い今の韓国は以前の代表チームと異なり、日本のようにパスを繋いでくる。ラインを高く保ち、網を張り、プレスを掛ければミスをして、獲れる確率はかなり高まると見ていい。

 あとは、どれだけ強い気持ちを持って戦えるか、である。

【次ページ】 局面局面で絶対に負けない、泥臭いプレーを見せてくれ!

BACK 1 2 3 NEXT
関塚隆
東慶悟
宇佐美貴史
権田修一
キム・ボギョン
チョン・ウヨン
パク・チュヨン
キム・チャンス
チョン・ソンリョン
永井謙佑
吉田麻也
大津祐樹
ファン・ソッコ
ぺク・ソンドン
キム・ヨングォン
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ