野ボール横丁BACK NUMBER

プロ野球観戦中の事故は誰が悪い?
日米比較で考える、野球場の安全性。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/08/01 13:15

プロ野球観戦中の事故は誰が悪い?日米比較で考える、野球場の安全性。<Number Web> photograph by Getty Images

シカゴ・カブスの本拠地リグレー・フィールドの観客席。今でも手動のスコアボードで、フェンスにはツタが絡まる(ツタでボール紛失は2塁打)。名物オーナーの「野球は太陽の下でやるものだ」との言葉で長らくナイターも無かったなど、球場運営の信念の塊のような、名ボールパークである。

「結局は、どこまでを『許された危険』として見るか」

 では日本にいつか、リグレー・フィールドのような「超豪華な草野球場」が誕生する可能性はあるだろうか。前出の弁護士の話だ。

「結局は、どこまでを『許された危険』として見られるかどうかの問題。アメリカ人には、基本的に野球はフェンスなしでいいんじゃないのという考え方がある。でも、日本人の野球観戦の感覚は、そこまで極端ではない。だから、チケットを売買するときに承諾書のようなものを書いてもらうとか、よっぽど注意喚起をしつこくやるみたいなことをしないとダメでしょうね」

 もちろん、日本の野球文化にも、アメリカにない良さはある。しかし、本当の意味で「野球」を感じようと思ったら、やはりアメリカに行くしかないのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3

プロ野球の前後の記事

ページトップ