SCORE CARDBACK NUMBER

戦力外通告から蘇った
中村紀洋を支えた言葉。
~三浦大輔との誓いが力に~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/08/04 08:00

戦力外通告から蘇った中村紀洋を支えた言葉。~三浦大輔との誓いが力に~<Number Web> photograph by KYODO

7月17日のヤクルト戦でこの日、2本目の本塁打を放つ。得点圏打率はリーグ1位を誇る。

「最近、野球を楽しんでいますよ」

 横浜スタジアムで会ったDeNAの中村紀洋は、8年振りのオールスター出場を決めると、屈託のない笑顔でこう言った。

 古巣・近鉄の本拠地だった京セラドームで行なわれた7月20日のオールスター第1戦を前に中村は「娘のために、初球から本塁打を狙います」と宣言。第1打席の初球、パの斎藤佑樹のストレートをレフト最上段へ運ぶ、逆転2ランを放った。「カッコいい親父の姿を見せられて良かった」というセリフも決まりすぎていた。

 '92年、ドラフト4位で近鉄に入団。駆け出し時代は、“20本塁打を打つまでは外出禁止”と自らを律して、バットを抱いて眠った。誰よりも年俸にこだわった中村はかつてこう語っていたことがある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<甲子園 夢の再会>あの夏を語ろう。

Sports Graphic Number 809・810

<甲子園 夢の再会>
あの夏を語ろう。

 

関連記事

横浜DeNAベイスターズ
中村紀洋
三浦大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ