Number PLUS SpecialBACK NUMBER

清原和博 ~完全復刻版インタビュー~
「僕の原点甲子園 忘れ得ぬ三度の挫折」 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byDaisuke Yamaguchi

posted2009/08/14 11:30

清原和博 ~完全復刻版インタビュー~ 「僕の原点甲子園 忘れ得ぬ三度の挫折」<Number Web> photograph by Daisuke Yamaguchi
1989年にナンバー誌上に載った清原和博の『僕の原点甲子園』。
プロ4年目にして日本一も既に手にしていた清原が、弟・幸治がプレーする母校PL学園のグラウンドを訪れる。
清原にとって甲子園とはどういうものだったのか? 3年間の想い出を詳細に語った貴重なインタビュー。

「まわり道をしていこうか」

 清原和博は、オールスター第2戦が行なわれる藤井寺球場に向かう道すがら、こんなことを言った。7月26日のことである。

 この日弟・幸治が主将をしているPL学園は、近大附属高と対戦していた。その結果が気になって仕方がない様子である。車は環状線から富田林にあるPL学園に向けられた。

「試合前、PL学園に行くなんて、今日は何か打てそうな気がするな」

 車が学園に近づくにつれ、ふだんは減多なことで自分から口を開かない男が、少年のように能弁になって来た。

 この雲、この緑、思い出すなあ、桑田はいつも近くのゴルフ場を走っていたけど、ボクはいつも御正殿前の広場を走っていた。そん時、見ていた雲と同じ形の雲なんだ。同じ緑の匂いなんだ。高校時代を思いだすなあ。ところで幸治たちはどうしたろうか。

 PL学園の広場では、7月31日に行なわれるPL教の大花火大会の準備が、進められていた。

 甲子園に出られない年は、花火大会が終わってから、ゴルフ場のゴミ集めをするんだ。だけど、予選に勝っている年はそれが免除になる。打ち上げられる花火を見て、ああ、甲子園に今年もいけるんだと何度も思ったよ、たまらない嬉しさだね。

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 7100文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【完全復刻版】1983-2009 清原和博

Sports Graphic Number PLUS September 2009 Kiyohara

【完全復刻版】
1983-2009 清原和博

 

甲子園 '89年夏

Sports Graphic Number 225

甲子園 '89年夏

 

清原和博
桑田真澄

高校野球の前後の記事

ページトップ