SCORE CARDBACK NUMBER

ホンダ、トヨタが抱える“反撃”への課題。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2007/04/05 00:00

ホンダ、トヨタが抱える“反撃”への課題。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

 日本は8、9、11、12、15、16位。今年も3チームというイタリアやフランス以上に多いエントリー数の日本勢は'07年開幕戦で6台すべてが完走。この戦績は昨年日本GPについで2度目だ。しかし入賞はトヨタのR・シューマッハーのみ、1ポイントだけで、全体総括すればいい滑り出しとは到底いえない。

 現地入りしてから、やっとニューSA07を発表できたスーパーアグリは、シェイクダウン・レースになったものの、佐藤琢磨が初の予選10位突破、決勝12位で、彼の力走に海外メディアも喝采を贈ってくれた。小チームが大チームを制す、入賞したトップ6チームに劣らぬ注目度だった。が、それだけに「いったいどうしたのだ」と、日本2大メーカー・チームには逆の意味での関心が集まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オシムの選択。Osim Japan Blues in Motion
ホンダ
トヨタ

F1の前後の記事

ページトップ