SCORE CARDBACK NUMBER

日本プロレスを語れる、最後のレスラーの引退。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2006/02/09 00:00

 「もー、いいでしょう。疲れたよ」

 “ツバ大王”の異名で人気のあったノアのほのぼのレスラー・永源遙が40年の選手生活を区切りにリングを降りる。

 1月11日の後楽園ホールで突然の引退表明。女性客で埋まった会場を驚かせた。都内では3・23後楽園、故郷の石川では3・25産業展示館(金沢)、3・26スポーツセンターろくせい(中能登町)の引退記念興行が現役最後の試合となる。

 現役で還暦を迎えたのは、ミスター珍、ジャイアント馬場(いずれも故人)、ラッシャー木村に次いで4人目だ。

 '66年、大相撲の立浪部屋から東京プロレスに入門。同年10月の旗揚げ戦の蔵前国技館、木村政雄(ラッシャー)戦でデビュー。その後、日本→新日本→ジャパン・プロ→全日本→ノアと主要団体を渡り歩き、力道山以後の日本プロレス盛衰史を語れる数少ないひとりだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[TORINO 2006 PREVIEW]彼女はトリノで強くなる。
プロレスリング・ノア

プロレスの前後の記事

ページトップ