SCORE CARDBACK NUMBER

大きく変わった今シーズンを展望する。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

posted2008/01/17 00:00

 '08年を戦うニューマシンが次々に発表されつつある。1月中旬に完成させてシェイクダウン・テストに着手、2月いっぱい熟成開発を重ねていき、3月開幕に備えるというのが最近のチーム年頭スケジュールになっている。

 以前はもっと早く新車を発表するところもあったが、今はほぼ同じ時期に集中している。スタートは一緒、2カ月間で完成度を高めていく開幕前の“勝負”だ。

 その先陣を切ってフェラーリが新車を発表した。昨年終盤、K・ライコネンの逆転劇を可能にしたF2007をベースにモデルチェンジ。その狙いは新王者のリクエストを取り入れ、より彼の走りにフィットさせることだ。これまでフェラーリはM・シューマッハ主導でマシンを作り上げてきたが、'08年モデルからは完全にそうでなくなる。昨年11月にシューマッハがテストに復帰参加し話題になったが、本人は「あれはあくまでテストのためのテスト」。直接ニューマシン開発にはタッチしていないという意味だ。ライコネン主導型フェラーリがどう変わるか。また、'93年から指揮をとってきたJ・トッド監督が現場を離れ、今シーズンは本社経営業務に専念する意向を明らかにした。実はこの“変化”が一番注目される。昔のようにこのチームのイタリア色が強まるからである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 383文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本ラグビー総力特集]楕円の流儀。
フェラーリ
マクラーレン
ルノー

F1の前後の記事

ページトップ