SCORE CARDBACK NUMBER

格闘賢者「TK」が、引退試合で見せたもの。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2006/05/25 00:00

格闘賢者「TK」が、引退試合で見せたもの。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 「今日の高阪の試合を見て自分も燃えました。自分もああいう試合ができるように頑張らなくてはと思いました」

 5月5日、PRIDE無差別級GP。メインで西島洋介(高田道場)をワンサイドで下した吉田秀彦(吉田道場)は、親友・高阪剛(チーム・アライアンス)の話題を振られると語気を強めた。無理もない。この日、引退をかけてマーク・ハント(ニュージーランド)戦に臨んだ高阪はスタンドの打撃でボコボコにされながら、最後まで勝負を諦めずに真正面から立ち向かっていったのだから。

 かつてK―1ワールドGP王者に輝いたハントのパンチを受けて何度もよろめきながら、そのたびにパンチで応戦。タックルを切られても、執拗に同じ軌道のタックルを仕掛けていった。死に物狂いという言葉を安易に使いたくはないが、この日の高阪はまさにそうだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 565文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯32カ国ストライカー列伝 攻撃者。 Master of The Goals

格闘技の前後の記事

ページトップ