SCORE CARDBACK NUMBER

日本の“せわしなさ”は本当に欠点なのか? 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2008/02/28 00:00

日本の“せわしなさ”は本当に欠点なのか?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 昨年12月、現ベレス・サルスフィエルド監督のウーゴ・トカリが来日し、Jクラブ育成部門の指導者を対象に講習会を行った。

 トカリはタレントの宝庫、アルゼンチンを代表する育成のエキスパート。過去、U―20代表やU―17代表の監督、コーチを歴任してきたばかりでなく、一昨年のワールドカップでは、コーチとしてペッケルマンの参謀役も務めている。多くの才能を見出してきた名指導者だけに、興味深い話を聞くことができた。

 いい選手を輩出しようと思えば、U―15年代では戦術よりも、基礎技術を向上、修正することが重要。だが、最近はアルゼンチンでも、子供たちがストリートサッカーをしなくなっているので、ボールキープのための体の使い方まで教えなければならなくなっている、など。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[新監督の本音を問う]岡田ジャパンに夢はあるか。

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ