NumberEYESBACK NUMBER

岩村明憲が感じ取った
レイズ変貌の必然。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2008/09/04 00:00

岩村明憲が感じ取ったレイズ変貌の必然。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 ビデオルームで、選手やコーチよりも熱心に相手チームの映像を分析する男の姿がある。その背中には黄色で『9=8』とプリントが。その主は、強豪レッドソックスとヤンキースを抑えて堂々首位を走るレイズの指揮官ジョー・マドン。

 「転機の年だと踏んだんだ。弱小と言われ続けたこのチームに、今年はあらゆる状況が整ってきたからね」

 球団史上初の地区優勝に向けて絶好のチャンスだと悟ったマドン監督は、自費でチーム全員のTシャツを用意し春季キャンプで配布。『9』人の選手が『9』回を必死で戦えば、プレーオフに残る『8』球団になれるというメッセージだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1133文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[オリンピック総集編]歴史を越えた者たち。

関連記事

ダン・ウィーラー
ジョー・マドン
岩村明憲
タンパベイ・レイズ

MLBの前後の記事

ページトップ