柳沢敦 

「東北人は耐え忍ぶメンタリティを」宮城出身の番記者が心打たれた手倉森監督の人間力【2011年のベガルタ仙台】

Jをめぐる冒険

「東北人は耐え忍ぶメンタリティを」宮城出身の番記者が心打たれた手倉森監督の人間力【2011年のベガルタ仙台】

2011年4月23日、雨の等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレ対ベガルタ仙台戦。48日ぶりにリーグが再開したこの日を振り返… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2021/03/11

サポーターが“被災地クラブの番記者”に… 取材での葛藤、気づいたスポーツ報道の尊さ【2011年のベガルタ仙台】

Jをめぐる冒険

サポーターが“被災地クラブの番記者”に… 取材での葛藤、気づいたスポーツ報道の尊さ【2011年のベガルタ仙台】

翌日には2011年シーズンのホーム開幕戦となるJ1・第2節、リーグ王者である名古屋グランパスとの一戦が控えていた。と、そのとき… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2021/03/11

柳沢敦はゲルト・ミュラーの「13」、黄金世代は出身校で決定? 鹿島・鈴木満FDが語る“伝統の背番号”秘話

JリーグPRESS

柳沢敦はゲルト・ミュラーの「13」、黄金世代は出身校で決定? 鹿島・鈴木満FDが語る“伝統の背番号”秘話

2021年10月1日、鹿島アントラーズはクラブ創設30周年を迎える。「0.0001%の奇跡」としてJリーグ加盟を果たし、常に勝利のために… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2021/02/26

【誕生日】中田英寿44歳は未だ“唯一無二” 99年韓国戦の圧勝、01年フランス戦の大敗を再検証する

サッカー日本代表PRESS

【誕生日】中田英寿44歳は未だ“唯一無二” 99年韓国戦の圧勝、01年フランス戦の大敗を再検証する

1977年1月22日は、日本サッカー界にとって特別な一日と言っていい。日本代表がアジア苦戦を強いられ、Jリーグ開幕など想像もつか… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

サッカー日本代表

2021/01/22

鹿島が提案する新しい試合観戦方法。“投げ銭”でクラブもファンも大喜び!?

スポーツはどこへ行く

鹿島が提案する新しい試合観戦方法。
“投げ銭”でクラブもファンも大喜び!?

「施策に対しては新しいチャレンジをポジティブに受け取ってくださる方が多く、“この状況でも一緒に頑張りましょう”という声を… 続きを読む

池田博一Hirokazu Ikeda

Jリーグ

2020/06/19

小笠原満男はいつも正直だった。悔しさを胸に戦い続けた男の引退。

JリーグPRESS

小笠原満男はいつも正直だった。
悔しさを胸に戦い続けた男の引退。

「今もスッキリしていないですよ」12月28日、引退会見後に行われた囲み取材。「スッキリしたのはいつだったか?」と訊いたとき、… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

Jリーグ

2019/01/08

代表より鹿島を優先した増田忠俊。「でも、1キャップに感謝しようと」

サッカー日本代表「キャップ1」の男たち

代表より鹿島を優先した増田忠俊。
「でも、1キャップに感謝しようと」

「試合でのプレーは何も覚えていないんですよ。本当に」 切れ味鋭いドリブル、スペースへの飛び出しで'97年鹿島アントラーズの… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

サッカー日本代表

2018/03/23

尊敬する柳沢敦を超えた109ゴール。興梠慎三、貪欲になりすぎない美学。

JリーグPRESS

尊敬する柳沢敦を超えた109ゴール。
興梠慎三、貪欲になりすぎない美学。

J1通算108ゴール。浦和レッズの興梠慎三にとって一つの節目であり、目標の数字だった。 続きを読む

杉園昌之Masayuki Sugizono

Jリーグ

2017/05/30

鈴木優磨、6戦3得点でもまだ3番手。代表より欲しい「鹿島のスタメン」。

話が終わったらボールを蹴ろう

鈴木優磨、6戦3得点でもまだ3番手。
代表より欲しい「鹿島のスタメン」。

面白い選手だなぁと思う。漫画「クローズ」に出てきそうな面構え、プレーは荒削り。だが、ゴールに向かってガツガツと突進し、点… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2017/03/14

柳沢、森本がプレーした島が……。シチリアからセリエAクラブが消滅?

セリエA ダイレクト・レポート

柳沢、森本がプレーした島が……。
シチリアからセリエAクラブが消滅?

シチリア島のサッカーが危うい。州都パレルモでは、1月下旬だというのに気温が20度近くにも達し厳冬とは無縁だが、町のクラブは… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2017/01/27

黄金期の磐田も、浦和もハマった。福西が語る「大一番の鹿島」の怖さ。

福西崇史の「考えるサッカー」

黄金期の磐田も、浦和もハマった。
福西が語る「大一番の鹿島」の怖さ。

大一番での鹿島に対して、どう戦っていけばいいのか。僕もジュビロ時代に何度も味わってきたけど、本当に難しいんですよね。 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

Jリーグ

2016/12/05

アズーリ新監督は“経験不足の老将”。優先すべきは才能か、システムか?

セリエA ダイレクト・レポート

アズーリ新監督は“経験不足の老将”。
優先すべきは才能か、システムか?

EURO2016の後、ロシアW杯欧州予選を戦うイタリア代表の新体制が発足した。闘将コンテ(現チェルシー)の後釜に収まったのは、御… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

海外サッカー

2016/10/07

福西崇史、ジュビロ時代を思い出す。柳沢・中田・新井場引退試合レポート。

メルマガNumberダイジェスト

福西崇史、ジュビロ時代を思い出す。
柳沢・中田・新井場引退試合レポート。

元日本代表ボランチがサッカーの現在を赤裸々に語るメルマガ「福西崇史の『考えるサッカー』」。最新号の中身をちょっとだけ……… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

Jリーグ

2015/07/29

“浦和の”武藤も現在ブレイク中!興梠と共通する、師と仰ぐ選手とは。

JリーグPRESS

“浦和の”武藤も現在ブレイク中!
興梠と共通する、師と仰ぐ選手とは。

今、Jリーグの「武藤」と言うと、ブンデスリーガ・マインツへの移籍が決まったFC東京の武藤嘉紀の顔が最初に頭に浮かぶ人が多い… 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

Jリーグ

2015/06/04

<バンディエラ対談・完全版> 小笠原満男×柳沢敦 「鹿島イズムとは、何だ」

Sports Graphic Number More

<バンディエラ対談・完全版> 小笠原満男×柳沢敦 「鹿島イズムとは、何だ」

Number873号に掲載した『鹿島イズムとは、何だ』には、ページ数の都合上、載せられなかった部分がたくさんあります。ACLへの思い… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

Jリーグ

2015/04/03

柳沢、中田が引退後に古巣を選んだ意義とは。~選手第一の鹿島が育む帰属意識~

SCORE CARD

柳沢、中田が引退後に古巣を選んだ意義とは。
~選手第一の鹿島が育む帰属意識~

'14年シーズン限りで現役を引退したベガルタ仙台の柳沢敦が古巣・鹿島アントラーズに戻って、トップチームのコーチに就任した。… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

Jリーグ

有料

2015/01/26

<三浦知良と柳沢敦の往復書簡> 僕のサッカー人生で最も「やりやすい」男。

Sports Graphic Number More

<三浦知良と柳沢敦の往復書簡> 僕のサッカー人生で最も「やりやすい」男。

お元気ですか? 僕にとってカズさんは憧れの存在です。カズさんを最初に見たのは、僕がまだ中学生のころ。当時の僕は、読売クラ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

Jリーグ

2010/12/11

京都のJ2降格を重く受け止めて……。不屈の柳沢敦、敗因と未来を語る。

JリーグPRESS

京都のJ2降格を重く受け止めて……。
不屈の柳沢敦、敗因と未来を語る。

11月14日、京都サンガは浦和レッズに0-2で敗れ、J2降格が決まった。うなだれる選手たちの中で、柳沢敦は一番最後にベンチを出… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

Jリーグ

2010/11/18

柳沢敦 「十字架を背負って」 ~終わらざるドイツW杯~

Sports Graphic Number Special

柳沢敦 「十字架を背負って」 ~終わらざるドイツW杯~

紫色のゆりかごが大きく揺れた。5月5日、ホームの西京極競技場。史上6人目となるJリーグ通算100ゴールに王手をかけていた柳沢敦… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

有料

2010/06/09

柳沢敦 愛される理由。 ――なぜ彼はあの時、蹴らなかったのか?

Sports Graphic Number More

柳沢敦 愛される理由。 ――なぜ彼はあの時、蹴らなかったのか?

シュートチャンスでもパスを選択するそのスタイルには、たしかに賛否両論ある。しかし、プレーをともにした選手はみな「また一緒… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

サッカー日本代表

2009/04/22

ページトップ