サッカー日本代表「キャップ1」の男たちBACK NUMBER

代表より鹿島を優先した増田忠俊。
「でも、1キャップに感謝しようと」

posted2018/03/23 07:00

 
代表より鹿島を優先した増田忠俊。「でも、1キャップに感謝しようと」<Number Web> photograph by “Eijinho”Yoshizaki

大事にしている代表ユニフォームと増田忠俊。彼の教え子から日本代表選手が生まれるのを楽しみにしたい。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

“Eijinho”Yoshizaki

「試合でのプレーは何も覚えていないんですよ。本当に」

 切れ味鋭いドリブル、スペースへの飛び出しで'97年鹿島アントラーズのシーズン2冠に貢献した増田忠俊。彼にとっての、たった一度の日本代表キャップはこのゲームで刻まれた。

 '98年2月15日、オーストラリア戦@アデレード。3-0。得点者中田英寿(5分PK)、平野孝(65分)、同(70分)。

 中盤をダイアモンド型に組んだ4-4-2のトップ下として先発出場。63分に平野孝との交代でピッチを退いた。

 試合出場までの出来事はよく覚えている。岡田武史監督の下、フランスワールドカップに臨むチームに呼ばれた。1月、オフを過ごしていたハワイに電話が入った後、鹿島の合宿を経由してオーストラリアに向かった。機内では「生き残りには、一度きりの勝負」と誓った。監督は中田英寿のパートナーを探している。そう感じた。北沢豪、森島寛晃といったポジションの近い選手とは「同じプレーをしていても仕方がない」とも。

カズ、中田……しかし試合の記憶はない。

 現地に入ると、静岡学園つながりの三浦知良が気さくに声をかけてくれた。チームはやはり中田中心という雰囲気があり、先輩達も若きMFを立てる雰囲気があった。増田自身が年齢も近い中田の部屋に行くと、野菜嫌いを補うかのようなサプリメントがたくさん置いてあった。

 試合の出場は当日告げられた。観客もまばらなスタンドだった。父が現地まで観に来てくれていた。合宿合流直後はチームの雰囲気を「Jリーグ選抜のよう」とも感じたが、パスポートチェックと国歌斉唱で確かにこれは、代表戦なんだなと自覚した。

 しかし覚えているのはそこまで。理由はいくつかある。本人は「がむしゃらすぎて余裕がなかったんでしょう。悔しさもありますし」という。

 時代背景もある。このゲーム、今では考えにくい「テレビ中継のない日本代表戦」だったのだ。フランスワールドカップ予選の「ジョホールバルの歓喜」を経て、翌年2月に招集されたチーム。当時19歳の中村俊輔も招集された。

 そういった状況でも、試合は日本に中継されなかった。

 周囲から試合のことを言われることも少ないし、試合の関連動画がインターネットで閲覧できるわけでもない。

 もうひとつ、本人にとって“その他の日本代表”での記憶が鮮烈だったからだ。

【次ページ】 「ジーコと共に戦える」という喜び。

1 2 3 4 5 6 NEXT
増田忠俊
岡田武史
加茂周
三浦知良
中田英寿
西野朗
中村俊輔
前園真聖
柳沢敦
ジェフユナイテッド市原
柏レイソル
大分トリニータ
鹿島アントラーズ
静岡学園高校
フランスW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ