記事に戻る

全日本“区間12位”でも箱根連覇に欠かせない? 駒澤大“唯一の4年生”、下級生活躍の裏での葛藤と献身「口惜しくなかった4年生はいない」

“箱根の前哨戦”全日本大学駅伝で優勝した駒澤大唯一の4年生ランナーとして出場した佃康平 / photograph by AFLO 2区の青柿響からたすきを受け取った佃 ©JIJI PRESS 7区で貫禄の走りを見せた、駒澤の3年生主将でもある田澤 ©Nanae Suzuki 前回の箱根、最後のランナーを笑顔で出迎えた神戸 ©Nanae Suzuki アンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga 大八木監督とアンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga 大八木監督とアンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga

前回の箱根、最後のランナーを笑顔で出迎えた神戸 ©Nanae Suzuki

“箱根の前哨戦”全日本大学駅伝で優勝した駒澤大唯一の4年生ランナーとして出場した佃康平 / photograph by AFLO 2区の青柿響からたすきを受け取った佃 ©JIJI PRESS 7区で貫禄の走りを見せた、駒澤の3年生主将でもある田澤 ©Nanae Suzuki 前回の箱根、最後のランナーを笑顔で出迎えた神戸 ©Nanae Suzuki アンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga 大八木監督とアンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga 大八木監督とアンカーを務めた花尾 ©Yuki Suenaga

ページトップ