スポーツまるごとHOWマッチBACK NUMBER

「うわっ! かっる!」 メディアに“重い重い”と言われ続けたアイスホッケー用具の最新事情…素材は“F1マシン”と同じ?

posted2022/02/06 06:00

 
「うわっ! かっる!」 メディアに“重い重い”と言われ続けたアイスホッケー用具の最新事情…素材は“F1マシン”と同じ?<Number Web> photograph by AFLO

「重い」と言われ続けたアイスホッケー用具は、現在驚くほどの軽さになっているという

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 冬季五輪の人気競技アイスホッケーは、ふたつのイメージで語られることが多い。ひとつは“氷上の格闘技”と呼ばれる激しさ。もうひとつは全身を覆う防具からくる、重さだ。

 だが様々なものが目まぐるしく変化する現代、アイスホッケーはもはや重くはないのだという。世界最大手のアイスホッケー用具メーカー、BAUERの日本総代理店、大昭物産株式会社の清水宏明さんが力説する。

「かつてはフル装備して約10kg。メディアに取り上げられるたびに、重い重いと言われたものですが、いまは7kgもないんです」

 素材の進化で、すべての用具が軽くなったアイスホッケー。中でも劇的に進化したのがスティックだ。多くのプロが愛用する「ベイパーハイパーライト」(税抜き3万3000円)を手にして、筆者と担当編集者は思わずハモった。

「うわっ! かっる!」

 当連載では軽さがいつも話題になるが、イメージとのギャップは今回がいちばんだろう。

F1マシンと同じ素材を使用

 日本有数のアイスホッケーどころ、苫小牧出身で社会人までプレーした清水さんがいう。

「ぼくが子どもの頃、スティックといえば木製でした。それがアルミ製を経て、カーボン製が出てきました。木からカーボンへ。過渡期にいた選手は、野球なら木製バットが金属に変わったくらいの衝撃があったと思います」

 カーボンスティックの登場で、多くの面でいいことがあった。まず剛性が増したことで、折れにくくなった。そして、なによりも軽くなった。木製は600gほどあったが、ハイパーライトは385g。試合中の疲労感がかなり違う。また木製ではシュートの際、遠心力を得るため大きく振りかぶっていたが、カーボン製は軽く、操作性が上がったため、スナップを利かせた小さな振りでシュートが打てるようになった。そのほうが、キーパーを欺きやすいことはいうまでもない。

 スティックが変わって、アイスホッケーはよりスピーディでテクニカルになった。ただ、その代償として乱闘は減り、どのチームにもいた“乱闘屋”は商売上がったり。これについては残念に思うファンもいるかもしれない。

 ハイパーライトのようなプロ仕様のスティックには、F1マシンに採用される最新のカーボンが使われている。だが清水さんによると、次のモデルにはより軽さと剛性を増した、軍事用カーボンが採用されるらしい。とどまることを知らない、スポーツ用具の素材革命。アイスホッケーはもはや軽いのである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ