審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>逆風のなか、現場で感じたチームの絆。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

posted2022/02/06 07:00

<私が裁いた名勝負>逆風のなか、現場で感じたチームの絆。<Number Web>

西森勇二さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2018年 平昌オリンピック
2月12日/アルペンシアスキージャンプセンター
スキージャンプ 女子ノーマルヒル個人

ルンビとアルトハウスのW杯2強を軸に、ソチ金のカリーナ・フォクトや日本勢の2人が追う展開。風が変わりやすい状況下、伊藤は1回目9位に沈み、高梨は1回目3位につける。2回目を終えて首位に立った高梨は、続くアルトハウスに銀、ルンビに金を奪われるも初の五輪表彰台。

   ◇

 あの日、平昌には日本への逆風が吹いていました。もう少し風に恵まれていれば……そう思わずにいられません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1498文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

西森勇二
伊藤有希
高梨沙羅
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ