SCORE CARDBACK NUMBER

チェンジアップ? シンカー? 柳裕也を劇的に変えた落ち球。

posted2021/08/19 07:00

 
チェンジアップ? シンカー? 柳裕也を劇的に変えた落ち球。<Number Web> photograph by KYODO

横浜高、明大という強豪でエースを張り、'17年にドラフト1位で中日入団。前半戦は奪三振に加えQSもリーグ1位

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 スクリューボールを右ピッチャーが投げてはいけないと、いったい誰が決めたのだろう。それがシンカーやチェンジアップと呼ばれようと、阿波野秀幸コーチ直伝の落ち球、“スクリューボール”が今年の前半、リーグトップの112奪三振を挙げた柳裕也のピッチングを劇的に変えてくれたことは間違いない。

「今年は負けない、勝ちにこだわる……そんなピッチングをしたい。そのために落ち球をうまく使えるようになったことは大きいと思います。去年のキャンプで阿波野さんに教えてもらったんですけど、今年はようやく投げるときの感覚がわかってきて、2年越しでこの球をモノにでき始めたという感じはありますね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

柳裕也
中日ドラゴンズ
阿波野秀幸

プロ野球の前後の記事

ページトップ