Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

「どこの鈴木やねん」から始まって…こうして20歳の鈴木一朗は“イチロー”になった《誕生秘話》

posted2021/01/11 11:01

 
「どこの鈴木やねん」から始まって…こうして20歳の鈴木一朗は“イチロー”になった《誕生秘話》<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

8回に逆転打を放ち、帰りのバスで仰木彬監督に祝福されるイチロー

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

1月11日は「成人の日」。今年は、新型コロナウイルスが猛威をふるい、各地で成人式の中止や延期が相次いでいる。成人と言えば、過去に『Sports Graphic Number』では、あらゆるアスリートの“二十歳のころ”を特集している。そこで、今回はその特集号から特別に記事を掲載する。

「イチロー」は今、二十歳である――。あの年、恩師との出会いがもたらした登録名変更の舞台裏を、関係者の証言で紐解く。〈全2回の1回目/#1から続く〉
【初出:Sports Graphic Number 870号(2015年1月22日発売)「二十歳のイチロー誕生秘話」/肩書などはすべて当時】

バッティング練習を見て「10年は安泰やで」

 白いエナメルの靴に、金のサングラス。

 分厚いドルの札束をレジの前でドサッと落として、20歳の鈴木を仰天させた、オリックスの新監督。土井正三に代わって就任したばかりの仰木彬が突然、ハワイにやってきたのである。もちろん、ウインター・リーグに参加していた選手たちの視察が目的だった。ヒロ・スターズの試合は雨で中止となって、観戦は叶わなかったのだが、仰木は鈴木のバッティング練習をケージに貼りついて見ていた。仰木と同じく、そのオフ、オリックスの一軍バッティングコーチに就任した新井宏昌が、当時をこう振り返った。

「ハワイから帰ってきた仰木監督が、『若くてイキのいいのがいる』と言っていてね。そこで鈴木の名前を聞かされたんです。私は解説の仕事で一度だけ、彼のバッティング練習を見たことがありました。でも正直、目が離せないほどのインパクトはなかった。大きな動きの中でタイミングを取っていて、いい当たりとそうでない当たりがはっきりしていたんです。ところが、仰木監督は『お前の知らん選手でいいのがおるんや』と得意気で、『10年は安泰やで』とまで言ってました。そこまで言われれば、私にも鈴木一朗の名前はインプットされますよね(笑)」

20歳の鈴木一朗が持っていた“見分ける目”

 ところが、1994年2月1日。宮古島キャンプの初日、新井はイチローのバッティングを見て、仰天する。

「タイミングの取り方、しなやかさ……あの“振り子”は衝撃でした。前の足を大きく動かして、自分からピッチャーに仕掛けて、軸を動かしながら攻め込んでいく。あんなふうに打つ人を、見たことがありません。

 あれだけ大きく動いてしまうとタイミングを外されやすいので、一軍のコーチ陣にも『あの打ち方じゃダメだ』という人もいました。でも20歳の彼は、自分の主張を曲げなかった。しかも彼は、聞く耳も持っていました。たとえばティーを打つとき、『ピッチャーの動きに合わせてバッターがタイミングを取るのが野球やろ』と言うと、先に動き出さないように意識する。ステップし終わったときに右へ流れないよう、きちんと振り切る練習を勧めたら、これにも彼は毎日、取り組んだ。

 ベースの部分では自分の主張を通す一方、これは必要な練習だと思えば、徹底的にやるんです。そこを見分ける目を、20歳の鈴木一朗は持っていましたね」

【次ページ】ついに「一朗」から「イチロー」へ

1 2 3 NEXT
イチロー
鈴木一朗
オリックス・バファローズ
土井正三
仰木彬
新井宏昌

プロ野球の前後の記事

ページトップ