野球クロスロードBACK NUMBER

一軍初勝利、楽天新監督の素顔とは?
あの名将の真髄を継ぐ知将・三木肇。

posted2020/06/19 21:20

 
一軍初勝利、楽天新監督の素顔とは?あの名将の真髄を継ぐ知将・三木肇。<Number Web> photograph by Kyodo News

日本ハム、ヤクルトなどでの育成では素晴らしい実績を残している三木肇監督。初の一軍采配でチーム躍進を誓う。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今年の楽天はシーズン開幕へ向け、地盤固めを徹底した。

 春季キャンプから、対外試合に入るまで紅白戦などの実戦を行わなかった。コロナ禍による活動休止から練習を再開した5月8日以降も、6月2日の練習試合が始まるまで、走塁や守備の細かなプレーやサインプレーなどの確認作業に時間を費やした。

 それは、新監督の三木肇が望んだことだった。

 本来ならば、実戦感覚を養うだろうと思われる時期であっても、焦らず、準備を進める。その狙いについて、春季キャンプの時点で三木はこう説明していた。

「焦ってもしょうがないというか、その時にできることに力を尽くしていくって感じかな。僕個人としても『行き当たりばったりでやりたくない』という考えもあるし、やろうと決めたことを継続してやっていくことで、新しい発見とか、チャレンジへのヒントも見つかってくると思うから」

 この信条は、三木が現役の晩年に得た教訓であった。

現役時代の通算安打はわずか59本。

 1996年にドラフト1位でヤクルトに入団。守備、走塁のスペシャリストとして重宝されたがレギュラーに定着することはなく、日本ハムに移籍した2008年に現役を引退した。13年間のプロ生活で一軍出場は359試合。通算安打はわずか59本だった。

 入団当時の監督だった野村克也から受けた薫陶など、現役時代に学んだことは多い。それでも三木は、「もっと野球の奥深さを追求できたんじゃないか?」と振り返ることが多いという。

 そして現役引退後、指導者としてそれを実践し、立ち位置を確立していった人物なのである。

 引退翌年の'09年から日本ハムのコーチとなり、当時若手だった中田翔や中島卓也、西川遥輝らに礎を築かせた。'14年から所属したヤクルトでも、打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を達成した山田哲人を育成したことで評価されている。そのヤクルト時代、内野守備・走塁コーチ兼作戦コーチとして'15年にチームのリーグ優勝に貢献。翌年にはヘッドコーチ兼任として支えた。

 楽天の二軍監督となった'19年には、球団初のイースタン・リーグ制覇へと導き、そして、今季から一軍監督として指揮を執ることとなった。

【次ページ】 成長を促す指導を大切にする三木監督。

1 2 3 NEXT
三木肇
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ