プロ野球亭日乗BACK NUMBER

松井秀喜の“ノルマ”を果たせるか。
巨人・岡本和真、今季目指すは34本。

posted2020/06/19 21:10

 
松井秀喜の“ノルマ”を果たせるか。巨人・岡本和真、今季目指すは34本。<Number Web> photograph by KYODO

一昨年は33本、昨年31本と2年連続30本塁打を記録した岡本。今季、真の長距離打者と認められる数字をクリアできるか。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 ゴジラには叶わなかった夢がある。

 松井秀喜さんは巨人で最後の年となった2002年にシーズン50本塁打を達成。メジャーも注目の和製大砲として海を渡ったが、ニューヨーク・ヤンキース移籍1年目の2003年の本塁打数は一気に16本まで激減した。

「オレはこっちじゃホームランバッターじゃないよ」

 寂しげな表情でこんなことを呟くのを聞いたこともあったが、それでもどうしても捨てなかったのがボールを遠くへ飛ばすことへの強い思い入れだった。

左手で箸を持って食事をすることも。

 そのため'03年オフには「逆方向に強い打球を打てないと本塁打数は増えない」と後ろ足を軸にしてポイントを近くに置く打撃フォームへの改造に着手。

 逆方向に長打を打つためには左手の押し込みがポイントになるが、右利きの左打者であるがためにそこに弱さを感じていた。

 そこで左手を鍛えるためにウエイトトレーニングでパワーアップする一方、自在に操れるようにと慣れない左手で箸を持って食事をする姿を見たこともある。

 そうして2年目の'04年に本塁打は31本とほぼ倍増。ただそのオフに、こんな決意を語っていたのである。

「メジャーで本当の長距離打者と認められるためには、やっぱりホームランが30本台ではダメだよね。40本の大台を超えて、初めてホームランバッターとして認知される。だからやっぱりその大台は超えたい」

 それはメジャーに渡っても心に秘めていたホームラン打者としての自負が語らせた目標だったはずである。

【次ページ】 松井秀喜が掲げた40本の大台をクリアできるか。

1 2 3 4 NEXT
岡本和真
松井秀喜
原辰徳
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ