バレーボールPRESSBACK NUMBER

総体中止は高校バレーにも衝撃。
コロナ収束後の未来を描く必要性。

posted2020/05/15 07:00

 
総体中止は高校バレーにも衝撃。コロナ収束後の未来を描く必要性。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

今年1月の春高を制した東山も緊急事態宣言発令以降は練習もままならない状態が続いた。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Yohei Osada/AFLO SPORT

 電話越しに聞こえる声から、落胆が伝わる。

 春高王者として出場権を得た5月の黒鷲旗全日本選抜バレーボール大会が中止になった時もショックを受けたが、インターハイの中止は遥かにそれを上回る。そう言うのは、京都の東山高男子バレーボール部の豊田充浩監督だ。

「正直、拍子抜けというかね。さぁこれから、と羽を広げる準備をしたところで、ひとつひとつ、羽をむしり取られているような感じですね。命がかかっていることだから仕方がない。それは理解しています。それでも、チャンスは限られているとわかっているからこそ、春高があるからいい、とは思えない。まだ100%、割り切れていないんです。無念、としか言いようがありません」

 強化指定部である男子バレーボール部は、3月中は時間を区切り、規模を縮小しながらも練習することはできた。だが4月7日の緊急事態宣言発令に伴い、学校も完全休校。それからは選手と顔を合わせることもなく、コミュニケーションの手段はLINEのみ。

「(インターハイ中止は)残念ですが春高で挽回できるよう頑張ります、と。生徒は、それしか言えないですよね」

進路にも影響するインターハイ中止。

 4月26日、史上初のインターハイ中止が決定した。

 バレーボールは1月に全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称“春高”が開催される。

「本番は春高」と切り替えることもできるが、インターハイでこそ為し得ることもある。

 たとえば、前述の東山は昨夏のインターハイは準決勝で松本国際(長野)に敗れた。その敗戦から出た課題を徹底的に分析し、掲げたのはスピードの強化や組織的なブロックの打破。常に松本国際を明確なターゲットにイメージしながら強化に励んだ結果、春高でリベンジを達成し、初の頂点に立った。

 さらに言えば、1年というスパンで見れば夏から冬へ、チームの成長につながるという点だけに留まらず、選手の進路にもインターハイや各地域のブロック大会の成績は大きな影響を及ぼす。特に連続出場を果たす強豪校の2年生や全国大会に出場が叶わなかったチームの3年生にとっては、大学・企業関係者の目に留まる機会になるため、インターハイでの成績によって、進学先の選択肢が増える。加えて、インターハイ出場が新たな入部希望者を増やすことにもつながり、翌年さらにその翌年と、チーム強化の幅も広がっていく。

【次ページ】 入部希望者が増え、選手たちも成長。

1 2 3 4 NEXT
東山高校
米子工業高校
川内商工高校
駿台学園高校
開成高校

バレーボールの前後のコラム

ページトップ