オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦が公開した3本の芸術的動画。
ライター松原孝臣はこう読み解いた。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2020/05/09 20:00

羽生結弦が公開した3本の芸術的動画。ライター松原孝臣はこう読み解いた。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「#SkateForward明るい未来へ」で3本の動画を公開した羽生。そこには彼が歩んできた人生が織り込まれていた。

自分を、自ら高みへ引き上げようと努めてきた。

 先に記したように、言葉は冒頭の挨拶にとどまり、あとは演じることに徹している。

 自分が演じてきたフィギュアスケートを通じて伝えたいという意思とともに、別の思いも湧き上がらせた。

 本来、羽生は、言葉の発信力も強いアスリートだ。言葉を用いながら、メッセージを伝えることもできただろう。

 それでも言葉を削り、これまでのプログラムそれぞれの断片を演じた。

 シンプルな部屋の一角で、ジャージー姿でのそれは、羽生が磨いてきた表現をも確かに感じさせたし、羽生が歩んできた道のりを雄弁に伝えていた。

 同時に、言葉がないことで、受け取る人それぞれに感じとる自由を生み出していた。スポーツ、あるいはスポーツを含む文化の良さもまた、そこに感じ取れた。

 今だからこそ、そうした力を必要とする人も存在する。誰もが、ではないかもしれなくても、きっといる。

 そして、3本の動画を見直して、あらためて思う。

 羽生が、いかに真摯に、フィギュアスケーターとして歩んできたかを。他者のふるまいを不必要に、過剰に意識して引きずり降ろそうとするのではなく、自分を、自ら高みへ引き上げようと努めてきたかを。

 積み重ねてきた事実のつまった映像は、さまざまなことを考えさせるメッセージとなっていた。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ