オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦が公開した3本の芸術的動画。
ライター松原孝臣はこう読み解いた。

posted2020/05/09 20:00

 
羽生結弦が公開した3本の芸術的動画。ライター松原孝臣はこう読み解いた。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「#SkateForward明るい未来へ」で3本の動画を公開した羽生。そこには彼が歩んできた人生が織り込まれていた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 日本スケート連盟が公式ツイッターで実施した動画のリレー企画「#SkateForward明るい未来へ」。

 さまざまな競技の選手がそれぞれの思いを込めて、発信してきた。

 5月6日に登場したのは、羽生結弦だった。

 そして羽生による動画は、自身の歩みを通じての、強力なメッセージが込められていた。

答えは、自身の歩みを伝えることだった。

 その動画とは、どのようなものであったか。

 羽生のパートは3つに分かれていた。

「フィギュアスケーターの羽生結弦です。

 2011年3月11日から今までの、僕とプログラムたちの道のりです」

 3つの映像の冒頭、唯一の言葉とともに始まったのは、室内で、ジャージーで披露する数々のプログラムの断片だった。

 スタートは、『White Legend』。

 東日本大震災の翌月、神戸で開催されたチャリティーの場で滑ったプログラムだ。
続けて、それ以降の年代のプログラムが続く。

 その中から、あえていくつかあげれば、2012年の世界選手権で銅メダルを獲得した際のフリー『ロミオとジュリエット』、ソチ五輪シーズンのショート『パリの散歩道』、平昌五輪シーズンのショート『バラード第1番』、さらには『秋によせて』『Origin』……『SEIMEI』で締めくくり、「2011.3.11~2020.5.6」の字幕が表示された。

 連盟による企画に、どのような作品を作り上げればよいか、考えただろう。

 答えは、自身の歩みを伝えることだった。

【次ページ】 いくつもの苦難に襲われて今日まで進んできた。

1 2 3 NEXT
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ