オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読むBACK NUMBER

『東京五輪1964』
素朴で質素。前回の東京は
実に五輪らしい五輪だった。 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/03/23 17:00

『東京五輪1964』素朴で質素。前回の東京は実に五輪らしい五輪だった。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『東京五輪1964』佐藤次郎 文春新書 2013年刊 830円+税

 東京オリンピックから半世紀後、さまざまな関係者の追想をまとめたのが本書である。著者は中日新聞(東京新聞)で五輪取材を重ねた元運動部長。

 登場人物には、メダリストたち、メダルには及ばなかった選手たち、最終聖火ランナー、スターター、選手村の女性理容師、カメラマン……などがいる。

 開会式の「第一日」から閉会式の「第十五日」まで、それぞれの「一日」を章立てとし、登場人物の弟子や肉親を含め、その肉声を通して東京オリンピックとは何であったのか――を検証している。知られざる逸話の発掘が興味深い。4年前のローマ五輪、ホッケーチームは強豪パキスタンに0-10で惨敗した。東京では0-1。勝てはしなかったが、屈辱は払拭した。後年、会社勤めを経て故郷・広島でお好み焼き屋を開いた山岡敏彦は、折々、「わしは昔、東京オリンピックに出とるんじゃ」という遠い記憶をかみしめる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ