Jをめぐる冒険BACK NUMBER

若き才能が伸びる霜田メソッドとは。
レノファ山口のキャンプ潜入・後編。

posted2020/02/13 20:05

 
若き才能が伸びる霜田メソッドとは。レノファ山口のキャンプ潜入・後編。<Number Web> photograph by Norio Rokukawa

霜田正浩監督の熱い指導はピッチ内でも続く。「個人昇格は大歓迎」と語るが、もちろんチームとしてもJ1昇格を目指す。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Norio Rokukawa

 レノファ山口のタイキャンプ初日。3種類のビブスが振り分けられたあと、選手たちが手にとったのは、なんと3色のハチマキだった。

 オレンジ、白、紫のビブスと、赤、水色、黄色のハチマキ――。

 トレーニング内容はハーフコートを使ったボール回し、いわゆる“鳥かご”である。

「赤!」と呼ばれた選手たちが“鬼”になってボールを奪いにいく。ビブスの色を呼ばれるか、ハチマキの色を呼ばれるか、分からない。だから、自分が何色のビブスを着て、何色のハチマキを巻いているか覚えておかなければならないし、ボールを回す側も、すぐに誰が“鬼”なのか判断しなければならない。

 イビチャ・オシム監督をはじめ、多彩なビブスを使い分けるトレーニングは見たことがあるが、選手がハチマキを巻くのを見るのは初めてだった。

判断力だけじゃなく顔を上げさせる。

 これは、霜田監督オリジナルのトレーニングである。

「最初にやったのは、'06年にY.S.C.C.横浜の指導をしたときだったかな。判断力を磨くだけじゃなくて、顔を上げさせたいんだ。ビブスだけだと、下を向いていても間接視野で見える。でも、ハチマキは顔を上げないと見えないからね」

 選手たちは霜田監督のトレーニングをどう感じているのだろうか。

「今までやったことのない練習ばかりで、すごく新鮮です」

 そう語ったのは今季、ツエーゲン金沢から加入した21歳の小松蓮である。

「ポジショニングがどうとか、味方をどう使うかとか、どうサポートするかとか。頭を使っているので、頭のほうが疲れますね」

 同じく今オフ、大宮アルディージャからやって来たベテランの菊地光将もこう語る。

「聞いてはいたんですけど、本当に同じメニューがなくて、練習内容もこれまでにやったことのないものばかり。楽しみながらやれています」

【次ページ】 1日の半分以上は練習メニューを。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レノファ山口
霜田正浩
田中パウロ淳一
菊地光将

Jリーグの前後のコラム

ページトップ