Jをめぐる冒険BACK NUMBER

若き才能が伸びる霜田メソッドとは。
レノファ山口のキャンプ潜入・後編。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byNorio Rokukawa

posted2020/02/13 20:05

若き才能が伸びる霜田メソッドとは。レノファ山口のキャンプ潜入・後編。<Number Web> photograph by Norio Rokukawa

霜田正浩監督の熱い指導はピッチ内でも続く。「個人昇格は大歓迎」と語るが、もちろんチームとしてもJ1昇格を目指す。

高宇洋が今季も山口所属の理由。

 G大阪から昨夏、期限付き移籍でやって来た東京五輪世代の高宇洋は、今季も引き続き山口でプレーすることに決めた。

「東京五輪を考えれば、J1でプレーしたほうがいいのかもしれないですけど、五輪がすべてじゃないし、今は試合に出て成長することが大事。霜田さんは『ヤン(高の愛称)は守備のタスクは十分できる。今伸ばすのは攻撃面だ。だから、インサイドハーフをやってもらう。自由にやっていいから』と言ってくれた。本当の力を付けることから逆算すると、今はレノファでプレーするのが一番いいと思って決めました」

観客を魅了して勝つという信念。

 選手を成長させ、観客を魅了し、それでいて、勝負にも勝つ。

 それがいかに難しいチャレンジかは、他でもない霜田監督自身がよく分かっている。それでも信念を曲げず挑戦して実現することが、技術委員長まで務めた日本サッカーへの恩返しであり、自身の指揮官としての矜持でもある。

 勝負の3年目、霜田レノファはどのようなサッカーを見せてくれるのか――。

 2月23日にホーム、維新みらいふスタジアムで行われる京都との開幕戦が今から楽しみだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レノファ山口
霜田正浩
田中パウロ淳一
菊地光将

Jリーグの前後のコラム

ページトップ