Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<不動のナンバー10へ>
田村優「したたかな司令塔」

posted2019/10/19 15:00

 
<不動のナンバー10へ>田村優「したたかな司令塔」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

アイルランド戦では複数のロングゴールも決め、復調を印象づけた。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

開幕戦でナイーブな面を顕にしたSOは、続く2戦の活躍で、その不安を払拭してみせた。ジャパンを背負う男のプレーと言葉に、4年の歳月をかけて遂げた進化が見えた。(Number988号掲載)

 4年前、大仕事を終えて南アフリカへ向かうエディー・ジョーンズ氏と彼のオフィスで会い、いろいろな話をした。

 エディーさんはスーパーラグビーの世界へ転身することになっていたが(その後、電撃的にイングランドのヘッドコーチに就任する)、「2019」の日本代表についても話が及んだ。

「今回のチームから、4年後に残っているのは誰でしょう?」と私が質問すると、エディーさんは次のような名前を並べた。

「稲垣(啓太)は第1列の中心にならなければいけません。堀江(翔太)もまだ大丈夫でしょう。リーチ(マイケル)、ナキ(アマナキ・レレイ・マフィ)は世界を代表する選手になっているはずです」

 そして話はバックスにも及んだ。

「フミ(田中史朗)は年齢を重ねますから、後半に投入する役割に代わるかも。そして中心になるのは立川(理道)、福岡(堅樹)、松島(幸太朗)でしょう」

 そこに田村優の名前はなかった。田村は? と私が尋ねると、エディーさんは少し間を置いた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

田村優
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ