オリンピックへの道BACK NUMBER

「異端」「変わり者」の男の銀色。
柔道・向翔一郎はなぜ泣いたのか。

posted2019/08/30 12:00

 
「異端」「変わり者」の男の銀色。柔道・向翔一郎はなぜ泣いたのか。<Number Web> photograph by Kiyoshi Ota/Getty Images

決勝戦、ノエル・ファントエントに僅かの油断で敗北した向翔一郎。ここまでの成績でも十分な功績と言えるが、本人はまったく納得していなかった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Ota/Getty Images

 価値ある銀メダルだった。

 8月29日、柔道の世界選手権男子90kg級で、向翔一郎が銀メダルを獲得した。

 日本が苦しんできた階級である。

 海外選手の層が常に厚く、世界選手権で日本勢が優勝したのは2005年が最後。銀メダルも2011年までさかのぼらなければならないことが、その苦闘ぶりを示している。そんなシビアな戦いが繰り広げられてきた階級に挑んだのが……向だった。

 23歳、初めての舞台である。

 だが向は初戦から物怖じせず、試合に挑む。背負い投げなど担ぎ技を得意とするのをはじめ、寝技まで幅広くこなせる向は、その力を初戦から存分に発揮する。

 初戦となった2回戦で背負い投げにより一本勝ちをおさめると、順調に勝ち上がる。準々決勝では、昨年の大会で銀メダルの実力者イバンフェリペ・シルバモラレス(キューバ)と対戦するが延長の末、一本勝ち。

 決勝まで、向の強さが光る展開が続く。いや、それは決勝のノエル・ファントエント(オランダ)戦でも変わらなかった。全般に優位に戦いが進み、向の優勢は疑いようがなかった。

 ところが、残り33秒。大外刈りのあと、小外刈りで技ありを奪われる。それが勝負の決め手となり、向は2位にとどまった。

 試合が終わったあと、向はうつぶせになり、立ち上がることができなかった。

「もういけると思った」

「一瞬の隙だと思います」

 試合を終えて、向は振り返った。

「相手がバテていて、もういけると思ったし、どうやって投げようかなと頭に浮かんでしまいました」

 そう思った刹那、技をかけられたのだと語る。勝利に近づいていたからこその悔しさであり、油断でもあった。

 試合後のみならず、そのあとの表彰式でも、涙が止まらなかった。優勝を渇望するさまざまな理由があった。

【次ページ】 「異端」「変わり者」との評価も。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

向翔一郎
井上康生
イバンフェリペ・シルバモラレス
ノエル・ファントエント

格闘技の前後のコラム

ページトップ