Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<二軍監督とスカウトが語る>
吉田輝星「背番号に託された思い」

posted2019/04/09 15:00

 
<二軍監督とスカウトが語る>吉田輝星「背番号に託された思い」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

まだ本領発揮には至っていない。夏の甲子園で金農フィーバーを巻き起こした高校ナンバー1右腕は“あの頃の自分”を超えるため、二軍の本拠地・鎌ケ谷で、鍛錬と葛藤の日々を過ごしている。

 日本ハムの吉田輝星が、ブルペンのマウンドに戻ってきた。

 すかさず二軍投手コーチの加藤武治がにやけ顔で突っ込んだ。

「びっくりした! 整備しないであがるのかと思ったよ。相変わらず」

 3月某日、二軍練習場の鎌ケ谷スタジアムでの投球練習後の出来事だった。吉田はブルペンで80球投げ込んだ。そして、しばらく捕手と話をし、そのままベンチ裏に帰りかけた……ように、少なくとも加藤の目には映ったのだろう。「相変わらず」ということは「前科」があるのかもしれない。

 二軍監督の荒木大輔は「戻ってこなかったら、大目玉を食らってたでしょうね」と笑う。ただ昨年、吉田と同じようにゴールデンルーキーとして世間の注目を集めた清宮幸太郎と比較し、こう評する。

「幸太郎と比べると、輝星は、そういう教育は受けてきている。幸太郎は僕も同じ学校(早実)だからわかるんですけど、そういう教育のない学校だったから。その点は輝星の方がしっかりしてる」

 日本ハムのコーチ陣は吉田に対し、未だ何も教えていない状態だという。それは球団の方針であり、荒木の方針でもある。

「甲子園の状態に戻す。それが第一段階。そこまでのやり方は、本人がいちばんよく知っている。うちは甲子園の彼を評価して獲ったわけだから。高校生で、あんなボール投げられるんだ、と」

 低めに投げれば、打者はワンバンするのではないかと思い、思わず見逃しストライク。とんでもない高目に投げても、打者はストライクだと勘違いし、思わず空振り。高校生レベルでは、見たことのない球質だったに違いない。

 だが、「高校ナンバー1右腕」との評価だったにもかかわらず、昨秋のドラフト会議で吉田は1回目の1位指名では名前が挙がらなかった。競合で敗れた球団が2回目の1位指名をする際も、8球団中、吉田を指名したのは日本ハム1球団のみ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

北海道日本ハムファイターズ
吉田輝星
金足農業高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ