Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<二軍監督とスカウトが語る>
吉田輝星「背番号に託された思い」

posted2019/04/09 15:00

 
<二軍監督とスカウトが語る>吉田輝星「背番号に託された思い」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

まだ本領発揮には至っていない。夏の甲子園で金農フィーバーを巻き起こした高校ナンバー1右腕は“あの頃の自分”を超えるため、二軍の本拠地・鎌ケ谷で、鍛錬と葛藤の日々を過ごしている。

 日本ハムの吉田輝星が、ブルペンのマウンドに戻ってきた。

 すかさず二軍投手コーチの加藤武治がにやけ顔で突っ込んだ。

「びっくりした! 整備しないであがるのかと思ったよ。相変わらず」

 3月某日、二軍練習場の鎌ケ谷スタジアムでの投球練習後の出来事だった。吉田はブルペンで80球投げ込んだ。そして、しばらく捕手と話をし、そのままベンチ裏に帰りかけた……ように、少なくとも加藤の目には映ったのだろう。「相変わらず」ということは「前科」があるのかもしれない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

北海道日本ハムファイターズ
吉田輝星
金足農業高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ