炎の一筆入魂BACK NUMBER

大瀬良大地がカープで慕われる理由。
相談も雑談も「話しやすい」エース。

posted2019/04/08 11:40

 
大瀬良大地がカープで慕われる理由。相談も雑談も「話しやすい」エース。<Number Web> photograph by Kyodo News

巨人戦、阪神戦での2登板ともにエースらしい内容の投球。大瀬良はいよいよ、カープのエースの風格を備えつつある。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 新年度を迎え、ひと月足らずで元号も「平成」から「令和」へと移っていく。時代の流れ、年を重ねるにつれ、人もまた、変わっていかなければいけないのかもしれない。

 新しいシーズンが幕を開けたプロ野球では、4連覇を狙う広島の大瀬良大地が昨年までとは違う姿を見せている。

 初めて任された開幕のマウンド。特別なものであるのは、大瀬良自身、分かっていた。チームの初陣を託された重圧を感じながらマウンドに上がった。

 相手は昨年まで頼れるチームメートだった丸佳浩が加入した新生・巨人だ。いきなり球界のエース、菅野智之との投げ合い。昨年の直接対決は3試合で1勝1敗で五分も、力不足を痛感させられた。

「ベンチから菅野さんのピッチングや立ち姿、ピンチになってギアを上げるところ、マウンド上でチームを鼓舞していく姿を見て、実績の差、力の差というものを感じさせられた。一緒に対戦したからこそ感じるものもあった」

「エース」という道のりの長さを投げ合ったことで肌で感じることができた。だが同時に、ぼんやりと進むべき距離、そして方向性も見えた気もした。

丸を4三振に抑えてもクールな表情。

 そして迎えた今年最初の直接対決はこれ以上ない舞台。先制を許さず、味方が得点を奪っても隙を見せない。1-0という最少得点差のまま菅野よりも長くマウンドに立ち続けた。特に丸には、内角球を見せながらハーフスイング、見逃し、カーブ、真っすぐで4三振を奪ってみせた。

 流れを渡すことなく迎えた8回。1死一、二塁から丸、岡本和真から連続三振を奪ってピンチを切り抜け、試合の行方は決まった。一打同点、一発出れば逆転というピンチで強力な中軸を抑え、バッテリーを組んだ捕手・會澤翼の力強く右拳を握って喜ぶ姿とは対照的に、マウンド上の大瀬良は事もなげにグラブを外し、ベンチに歩を進めていた。

 その静かな足取りは、エース道への確かな第一歩と感じた。

【次ページ】 マエケン、黒田から学んだこと。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大瀬良大地
広島東洋カープ
菅野智之
丸佳浩

プロ野球の前後のコラム

ページトップ