Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<2017注目打者ギャラリー 関東編>
日大三・金成麗生「金属バットって、ここまで飛ぶのか」 

text by

楢崎豊(報知新聞社)

楢崎豊(報知新聞社)Yutaka Narasaki

PROFILE

photograph byKentaro kase

posted2017/03/18 17:00

<2017注目打者ギャラリー 関東編>日大三・金成麗生「金属バットって、ここまで飛ぶのか」<Number Web> photograph by Kentaro kase

「甲子園で早稲田実業と当たったら、10対0で勝ちたい」と意気込み、練習に励む金成。

「強打の日大三」を率いて、2度の全国制覇を遂げた小倉全由監督が、こう断言する。

「当たった打球の速さは今までで一番でしょうね」

 2001年、夏の甲子園を制したチームは打率4割2分7厘で当時の夏のチーム記録を塗り替えた。'11年も打のチームだった。多くの強打の選手を見てきた名将が金成麗生(かなり・れお)の打撃を高く評価する。


 米国人の父、日本人の母を持ち、名前が麗生であることから、付いたニックネームは米俳優のレオナルド・ディカプリオならぬ「デカプリオ」。その名をとどろかせたのは昨秋の東京都大会決勝・早稲田実戦(神宮球場)だった。敗れはしたが5打数4安打5打点1本塁打と活躍した。指揮官に決勝の相手だった高校通算79本塁打の清宮幸太郎内野手の打撃と比較してもらった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 974文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

金成麗生
日大三高校

高校野球の前後の記事

ページトップ