Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<元代表コンビ、言いたい放題>
前園真聖×城彰二「日本サッカーの未来のために」 

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/03/18 06:00

<元代表コンビ、言いたい放題>前園真聖×城彰二「日本サッカーの未来のために」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2人とも1996年アトランタ五輪に出場し、ブラジルを破る「マイアミの奇跡」に貢献した。

五輪代表の話題で始まったアトランタ世代の対談は、A代表や日本サッカー協会が抱える課題にまで発展! 愛情あるからこその熱烈トークが止まらなかった。

Topic1:五輪代表の戦いぶり

城 よく勝ちましたよ。選手を分析しようとしても、Jリーグの試合に出てる選手が少なかった。自分のチームで試合に出られない選手たちがアジアに挑むということで、非常に厳しいだろうと想像していました。ところが、結果が結果で驚きました。僕は絶対にムリだと思っていたので……。

前園 あははは……。

城 運も味方につけて、流れをつかんで頂点まで上り詰めましたが、少しでも歯車が狂えば突破できなかったと思う。本当に紙一重。試合ごとに成長したとは思いますが、相手に助けられた面もある。俺、こんなぶっちゃけていいんですかね。

前園 いや、正直不安でしたよね。過去の五輪代表を振り返っても、自分のチームでリーダーシップを取って活躍している選手がほとんど。もちろん、突破してほしいと思っていましたが、僕も厳しいだろうなって。最終的に優勝することができましたが、個々の力やチーム力をイラクや韓国と比較すると、明らかに日本の方が劣っていた。手倉森(誠)さんは選手起用が大胆で、全試合スタメンで出た選手は1人もいなかった。にもかかわらず、よく突破できたなと思う。だけど、すべての選手が同じくらいのレベルという見方もできる。なっ、彰二。

城 そうですね。

前園 要するに、コイツは代えられないという選手がいない。昔なら前に彰二がいて、中盤に僕とかヒデ(中田英寿)、一番後ろに(川口)能活がいた。そういった選手がいない現状を考えると、今後の強化が大事。結果を求めるならオーバーエイジを使うべき。若い選手たちが自分のチームでレギュラーを奪うなどの成長がない限り、五輪代表が世界を相手に勝つのは難しいと思う。

城 核になる選手がいないし、コンスタントに結果を残せる選手が少ない。決勝では浅野(拓磨)が2点を決めましたが、それまではまったくよくなかった。メディアがああやって取り上げたからいいように見えるけど、僕のなかでは全然ダメ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

前園真聖
城彰二

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ