マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

春になると思い出す衣笠祥雄の金言。
「高校の頃が野球が一番楽しかった」

posted2019/01/16 07:00

 
春になると思い出す衣笠祥雄の金言。「高校の頃が野球が一番楽しかった」<Number Web> photograph by Kyodo News

衣笠祥雄さんですら開幕は「怖かった」という。プロ野球とは厳しい世界である。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「出来ない頃がいちばん楽しかった……」

 年が明け、新人合同自主トレーニングも始まって、2月のキャンプももうすぐそこまで。

 そんないまごろになると、毎年思い出すのがこの言葉なのだ。

 昨年4月23日に亡くなられた衣笠祥雄さんが、以前私に語ってくださった。

 衣笠さんに星野仙一さん、金田留広さんに穴吹義雄さん。昨年は球界から、バイタリティにあふれる方たちが、何人も鬼籍に入られた。

 新年早々の1月4日の星野仙一さんの訃報にも驚いたが、衣笠祥雄さんが亡くなったのもとてもショックだった。なんたって、私たちにとっては「鉄人」だったのだ。

 衣笠さんとは、TBSテレビの『ドラフト特番』でご一緒させていただいたのが最初だった。

 ドラフト会議の実況に、衣笠さんがメインの解説者となって会場の放送席のセンターに座り、私はその補助として横に座らせていただく。 これ以上ない、光栄な役回りだった。

右の肩をポンとたたかれて……。

 2009年のドラフト会議でのことだ。

 日本文理大・古川秀一(オリックス1位→引退)やトヨタ自動車・荻野貴司(ロッテ1位)と想定していなかった1位指名が続いて、放送席は凍りついた。

 1位指名候補のプロフィールをあらかじめ用意しておくのも、私の役目だった。古川選手も荻野選手もあって2位、いくらなんでも1位はないだろう……。それが私の“ヨミ”だったから、この場面は私の「大ポカ」に違いなかった。

 資料がないから、衣笠さんも司会のアナウンサーも言葉が出ない。

 問われたら答えるのが私の役目だったが、放送事故になるよりは、と自分から話を切り出して、2人の選手のプロフィールを紹介して、なんとかその場を切り抜けた。

 本番が終わって、私の準備が不十分で申しわけありませんでした! 平謝りに謝って、どなりつけられるかと覚悟をしたら、

「いやあ、本来は僕が出ちゃいけない番組だったんですよ。見てないんですから、僕は、アマチュアの野球は」

 そのおだやかな語りと笑顔に、私のほうが言葉がなかった。

「今日は助けてもらいました」

 そう言いながら放送席を出ていく時に右の肩をポンとたたかれて、もう一度ひれ伏すように頭を下げてお見送りしたものだった。

【次ページ】 キャンプ地のホテルの朝食でばったり。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

衣笠祥雄

プロ野球の前後のコラム

ページトップ