沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

2018年最後のGIにも怪物が登場。
サートゥルナーリアのスケールは?

posted2018/12/27 13:45

 
2018年最後のGIにも怪物が登場。サートゥルナーリアのスケールは?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

全く底が見えないサートゥルナーリアは、ここを制して最優秀2歳牡馬に名乗りをあげるか。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 今年のJRA・GIを締めくくるのは、第35回ホープフルステークス(12月28日、中山芝2000m、2歳GI)だ。

 ホープフルステークスは「中距離の2歳王者決定戦」という位置づけだ。が、「『1年の総決算』と言われる有馬記念が終わったあと、さらにGIが行われるのは違和感がある」とか、「朝日杯フューチュリティステークスという2歳王者決定戦があるのに、存在意義がよくわからない」といった声がよく聞かれる。まだGI昇格2年目で、ステイタスが確立されていないのだから、それは仕方のないところだろう。

 どうすれば「GIらしいGI」になるのか。それには、やはり、ここの勝ち馬がその後トップホースとなり、「あの馬が勝ったレース」として認知されることの蓄積が必要だ。

 そうした「あの馬」、つまり「未来のトップホース」になりそうな若駒が、出走馬のなかに何頭かいる。

サートゥルナーリアが筆頭。

 その筆頭は、2戦2勝のサートゥルナーリア(牡、父ロードカナロア、栗東・中竹和也厩舎)だ。母は日米のオークスを制した名牝シーザリオ。半兄に2013年の菊花賞、'14年のジャパンカップを勝ったエピファネイア、'15年の2歳王者リオンディーズがいる。

 阪神芝外回り1600mの新馬戦は、好スタートからハナに立ち、途中で他馬を行かせ、直線、行き場をなくしかけながら、前が開くと鋭く伸びた。

 2戦目の京都芝外回り1800mの萩ステークスでは、道中は引っ張り気味の手応えで好位を追走し、直線、楽に抜け出した。鞍上のミルコ・デムーロは、左右を何度か見て他馬の脚を確認し、必要最低限の力を出すにとどめながら、2着を1馬身3/4突き放した。

 2戦ともノーステッキで、グルリと回ってきたら勝っていた、という調教のようなレースだった。ダメージはまったくない。

 全力で走ったらどのくらい強いのか、恐ろしいほどだ。兄たちに勝るとも劣らないスケールの大きさを感じさせる。

【次ページ】 ルメールの騎乗馬はアドマイヤジャスタ。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サートゥルナーリア

競馬の前後のコラム

ページトップ